トップニュース

日本、アフガニスタン脱北者98人に難民地位付与

日本は8月にタリバンが執権した後、アフガニスタンを脱出したほぼ100人に達する人々に難民の地位を与えたが、これは難民として認めた外国人の中で最も多い。

日本難民弁護士ネットワーク(Japan Lawyer Network for Refugees)の難波光弁護士は「私たちはこの動きを歓迎する」と話した。

カブール駐在日本大使館職員とその家族を含め、18世代98人がいた。 消息筋によると、日本入国管理局はこれらに8月19日現在の身分を付与した。

これは、1951年に難民を規定した難民協約を西欧諸国に比べて厳しく解釈する日本では珍しいことだ。

昨年国内で難民として認められた外国人は74人で歴代最高値を記録した。

去る8月、米国とそのパートナーの支援を受ける元アフガニスタン政府は米軍が撤収しながら崩れた。 その後タリバンは完全な権力を掌握した。

他の国と関係のある人々が迫害の危険にさらされ、多くの人々がアフガニスタンを脱出できる恐れが大きくなりました。

日本外務省は約800人が日本に避難したと明らかにした。

このうち約200人の大使館職員とその家族は、日本政府から日本政府から日常生活と住居支援を受けた後、助けを受けました。

消息筋によると一部は8月1日頃難民申請をした。

彼らは日本政府が故国に帰れば迫害を受けることができるという理由で身分を申請するために接近したと伝えた。

難民として認められると、5年間在留資格が与えられ、日本に永住できる要件が緩和されます。

日本語授業など定着支援も受けられます。

たとえば、申請書を審査する時間を与えるために難民の地位を処理するのに通常1年以上かかります。

しかし今回は98人の申請者が3週間も経たずに地位を与えられた。 申請者は大使館の従業員だったので、状況と身元を確認するのにそれほど長い時間はかかりませんでした。

しかし、「より多くの避難民がより早く亡命を申請できた」と難波は言った。

彼は一部の大使館の職員はすでに本国に戻ってきたと付け加えた。

(この記事はハタソタロとタウチコスケが作成しました。)

READ  コンテナ不足は、日本の果物の輸入に影響を与えます

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close