日本、アメリカ、オーストラリア、フィリピン、合同海軍訓練を実施

1 min read

日本、米国、オーストラリア、フィリピンが南シナ海で合同海軍訓練を行ったと日本国防省が金曜日に明らかにした。 中国が海上軍事拠点でマニラの普及活動を妨げようとする試みが続いている中です。

木曜日の4カ国の訓練は、今月初め、南シナ海マニラが統制するセカンドトーマス礁の近くで、中国海岸警備隊艦艇がフィリピン軍の貸切船に水大砲を撃った後に行われました。

2022年11月6日に撮影されたファイル写真は、神奈川県相模湾にある日本海上自衛隊最大駆逐艦出雲を見せる。 (刑務所)

今回の訓練には日本海上自衛隊最大駆逐艦出雲(イズモ)と駆逐艦サミダレ(Samidare)が参加したと国防部が明らかにした。

海洋部によると、日本の船舶2隻は金曜日から次の木曜日までマニラ港に停泊する予定だ。

いずもは来年や2025年に始まる予定の追加改造作業を経て事実上の空母になる予定です。

今回の訓練には、米海軍沿岸戦闘艦モビル(Mobile)、オーストラリア強襲上陸艦キャンベラ(Canberra)、護衛艦眼窟(Anzac)、F-35A戦闘機、フィリピン海軍上陸艦ダバオデルスール(Dabao Del Sur)などが参加したと国防部が明らかにした。

国防部は声明で今回の訓練の目的は「自由で開放的なインド・太平洋実現のための協力を強化すること」と明らかにしました。 これは、この地域で中国の影響力が大きくなっていることに対応することが広く知られている東京が推進する概念です。

この問題に精通した消息筋によると当初水曜日に予定された合同訓練はフィリピン軍が参加しない計画だったが、一日遅れてマニラが参加できるようになったという。

米海軍は上陸突撃艦アメリカを派遣する予定だったが、モバイルに置き換えられたと消息筋は伝えた。

消息筋によると、南シナ海で中国の軍事的圧迫が激しくなっているフィリピンは、日本、米国、オーストラリア船舶との合同海上パトロールを検討しているという。

南シナ海全体の主権を主張する中国は、世界で最も忙しい航路の一部があるこの海域に軍事インフラを持つ人工島を迅速に建設しました。

2月、中国の海岸警備隊はセカンドトーマス礁(Second Thomas Shoal)近くの海域でフィリピンパトロールに軍用グレードのレーザーを発射しました。


関連プレス:

日本、アメリカ、オーストラリアの訓練のためにフィリピンにトラップを派遣

日本、殺傷兵器輸出制限緩和の検討

中国、副大統領の米国訪問後、台湾近くで訓練を開催


READ  スキー:日本の川村、住吉、ワールドカップで大物ポディウムに仕上げ
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours