経済

日本、アメリカ、ビジネスリーダー、サプライチェーンの改善を促し



このファイルの写真には、日本とアメリカの国旗が見えます。 (毎日)

東京(教徒) – 木曜日、日本と米国のビジネスリーダーは、コロナウイルスファンデミクこの脆弱性を公開することにより、同じ考えを持った国の間で重要な製品のサプライチェーンをより多様化しなければならないということに同意しました。

二日間の会談後、両国のビジネス委員会は、「弾力的で信頼できる」サプライチェーンを構築し、企業のリスクを軽減するために、同盟国間の協力はもちろん、公共部門と民間部門の間の協力が必要だと言いました。

大流行は、半導体でCOVID-19のワクチンに至るまで、さまざまな製品のサプライチェーンの脆弱性を明らかにしました。 グローバルチップクランチと東南アジア工場閉鎖による部品不足がメーカー主導の持続的な景気回復の見通しを曇らせている。

委員会は、共同声明で、「オンショアリング(onshoring)」または生産を本国に戻すのは「現実的でもなく、望ましくもない」と明らかにし、強力なサプライチェーンを構築するための鍵は、他の国、特に同じ考えを持った国家間の多様化と付け加えました。

指導者はまた、日本とアメリカ政府が企業がグローバルなサプライチェーンでの強制労働を含む人権侵害問題を解決しようとする努力を支援することを促した。 中国の極西部腎臓地域の少数民族。

日本とアメリカ政府は、コンピュータチップやバッテリーなどの重要な製品のサプライチェーンを強化するために協力を深化しようとします。 このような動きは、技術の優位性を競う米国と中国の競争が激化する中、出てきたのです。

ビジネスリーダーは、政府が包括的で進歩的な環太平洋経済連携協定(Trans-Pacific Partnership)のような「高水準」貿易協定を促進し、登録することを促しました。

中国と台湾は、2018年に米国なく発効した自由貿易協定(FTA)に参加を模索している。 日本は11カ国の枠組みの加盟国です。

日本とアメリカから来た約60人の企業幹部は、日米のビジネス協議会と日米ビジネス協議会が主催した仮想の会議でファンデミクが脱炭消化の達成に影響に対処することを含めて、さまざまなトピックについて議論しました。

彼らはワクチンの証明書が国境を越える旅行を早期に再開するために重要であり、両国の入国制限を「段階的」で解除するためのロードマップを作成することを促しました。

「私たちは、政府が他の国で発行された承認された予防接種の文書を認めるように、共通の基準と科学ベースの相互入国制限の緩和を設定する国際旅行のための世界的に一貫性のある規制の枠組みを促進することにより、民間部門の協力の障害物を除去することをお勧めします。」 声明は言った。

今後、企業に影響を与える重要なテーマである脱炭消化について委員会は、カーボンニュートラルを達成するための政府の二つの約束を歓迎しました。

政府が設定した気候の目標は、「達成可能で持続可能」する必要があり、民間部門と緊密に協力して開発されるべきだと声明は述べました。

ビジネスリーダーは、企業が革新的な技術への投資を増やすことができるよう必要なエネルギーミックスを達成するための政策を明確にすることを促しました。

日本とアメリカでは、地球温暖化の主犯である二酸化炭素の排出量を削減し、2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目標としています。

READ  大型車の車輪脱落事故が2019年度に112件国交省が安全啓発ビデオ公開 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close