日本、アメリカ、日本で島防御訓練を実施

1 min read
読売新聞ファイル写真
2022年11月の訓練中、鹿児島県徳之島ビーチに陸上自衛隊強襲上陸車両が上陸している。

日本と米国は2月16日から3月12日まで日本南西部で孤独な島防衛をシミュレートする合同軍事訓練を実施すると地上自衛隊が金曜日明らかにした。

2006年から毎年米国で実施しているアイアンフィスト訓練がアジア諸国では初めて来る。

訓練場所は、九州南西部地域と台湾を結ぶ南西列島の一部である鹿児島県北海島と沖縄県本島米海兵隊キャンプハンセンなどだ。

南西チェーンは中国の海洋活動が増加している東シナ海と残りの太平洋を分離します。

陸上自衛隊によると、参加者は駐留兵力のない島に兵力を配置し、侵略した孤島を奪還する練習をすることになる。

訓練には、水陸両用車を利用した上陸作戦とパラシュート落下訓練を連携した戦闘訓練も含まれる。

今回の訓練には沖縄に駐留している海兵隊第31海病院政府部隊など米軍900人と上陸迅速配置旅団、第1空手旅団など日本軍800人余りが参加する。

両国は来年とその後、西太平洋でアイアンフィスト訓練を実施することに合意したと陸上自衛隊は明らかにした。

READ  核交渉中のイランの傲慢管理;日本は中国の特使抑留への抗議
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours