スポーツ

日本、アメリカの中国訓練後の戦闘機飛行、北朝鮮ミサイル

日本防衛省は木曜日、ジョーバイデン米大統領が東京にいる間、ロシアと中国の合同爆撃機飛行に対する明白な対応で、日本と米軍が日本海上空で合同戦闘機飛行を行ったと明らかにした。

日本の自衛隊合同参謀本部は声明で「水曜日の日米合同飛行は日本の自衛隊と米軍の合同能力を確認し、日米同盟をさらに強化するためのもの」と明らかにした。 万一の事態に備えて満員の準備をしている」と話した。

飛行も数時間後に開催されました。 北朝鮮、ミサイル3発発射大陸間弾道ミサイル(ICBM)をはじめとする北朝鮮の別の核実験が懸念される中、朝鮮半島と日本の間の海上に向けてミサイルを発射した。 ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)外の海に落ちた。

中国とロシアの戦略爆撃機が火曜日、日本近くで合同飛行を行ったと日本国防省が明らかにした。 この地域で中国の影響力が大きくなっていることを牽制するためです。

岸野武夫日本防衛賞は「中国H-6爆撃機が日本海上空でロシアTU-95に合流し、東シナ海上空を飛行したが日本領空を侵犯しなかった」と話した。 これとは別にロシアのIL-20偵察機が日本北部海岸で飛行することが目撃された。

キシは、火曜日の後半、中国とロシアの合同飛行が「挑発レベルの増加」であり、クワッドに対する脅威を意味すると述べた。

中国国防省は、中国軍とロシア軍が日本海、東シナ海、西太平洋上空で合同戦略航空哨戒を実施したと明らかにしました。

水曜日の日米合同飛行には、米国F-16戦闘機4台と日本F-15戦闘機4台を含め、日本に基づいた戦闘機8台が参加したと日本合同が明らかにした。

READ  中国ホッケーチームのオリンピックチャンスに対する北京の慎重な希望

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close