日本、アメリカの宇宙発射のためのMull Signing Agreement。 取引を通じて、日本の国境内でアメリカの宇宙発射が許可されます。

Estimated read time 1 min read
REUTERS/Kevin Lamarque/ファイル写真
米国と日本の国旗が2015年4月27日、ワシントンホワイトハウスの外に一緒に広がっている。

日本政府の消息筋によると、日本と米国が宇宙開発協力のための技術保護協定(TSA)に署名する可能性が高いという。

この協定は、輸出制限技術を含む米国の商業ロケットが日本国内で発射されることを保証するための法的枠組みを提供します。

この協定により、日本と米国は両国の宇宙関連産業を活性化できるようになりました。 両首脳は来週首脳会談でこの問題を議論した後、署名のための早急な交渉に乗り出す予定だ。

ロケット開発に使用される技術は弾道ミサイル開発に使用される技術と類似しているため、ミサイル技術統制体制(MTCR)によって輸出が制限される。 TSAは、米国が協力国の国境内でロケットを発射できるように技術漏洩を防止するための措置を規定している。

幕府議論は日本を中心に始まったばかりだが、米国はすでに英国、オーストラリアなどとTSAを締結した。 日本に持ち込まれたロケットなど装備の適切な処理、発射失敗など様々な問題が後続の交渉で議論される予定だ。

日本の宇宙産業はヨーロッパやアメリカに遅れているという。 大きな資本ニーズと利益を見るまでの長い遅延がギャップの2つの理由です。 日本政府は米国のロケット打ち上げを日本に誘致することで、地上施設、燃料供給網など関連産業の収益性を高め、国内宇宙産業の発展を加速することを希望している。

空中発射型水平離陸設計など、環境への影響が少ないロケット技術は進化し続けています。 海に囲まれた日本は、水平空中発射に地理的利点があるそうです。 海の上に落ちる物体の危険が最小限に抑えられるからです。

米国側では今回の協定で開発ニーズに合った様々な発射場所を確保するのに役立つだろうし、日本での発射は周辺アジア諸国の技術に対する強力な需要を容易に活用できる利点を持つようになるでしょう。

宇宙旅行、衛星事業、国家安全保障など宇宙関連発展が国益に直結し、グローバル宇宙開発競争が激しくなっている。 中国も民軍統合を目標に技術力量を急速に向上させている。 ある推定によると、2040年までに世界の宇宙産業の価値は150兆円に達すると予想される。

宇宙法を研究する学州である大学小塚総一郎教授は、今回の協定が打ち上げに関連する産業の成長を促進するため、日本宇宙産業の発展に意味があると述べた。

彼は「結局、日本の国内ロケット技術の向上につながるだろう」と話した。

READ  Nippon India、Sebiに電気自動車のインデックスファンドの申請
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours