日本、アラブ連盟会談、新たな経済パートナーシップに焦点を当てる

1 min read

東京: アラブニュースによると、日本とアラブ連盟の関係者は、東京でエネルギーや医療などの分野を中心に新たな経済的パートナーシップを形成し、既存協定を強化するための会談を持っているという。

第5回日本 – アラブ経済フォーラムは火曜日に始まり、7月11日まで行われます。 以前のフォーラム会議は、2009年、2010年、2013年、2016年に開催されました。

水曜日に、参加者は日本の経済、貿易、産業大臣のケン斎藤が出席した「公共・民間経済会議」に参加しました。 ドバイにある日本貿易振興機構(JETRO)の常務取締役である信之中島がセッションを開始しました。

斉藤は世界が現在直面している重要な瞬間を強調し、日本とアラブ諸国を友好関係の歴史を共有する重要なパートナーとして強調しました。 彼は、気候変動、エネルギー、水、貧困などの世界的な課題を解決するために、互いの強みを活用することの重要性を強調しました。

「今、私たちがこれらの世界的課題を解決しながら互いの強みを活用する時です。」

彼は「経済産業省は南半球国家との協力を象徴する主力プロジェクトを開発するために10億ドルの予算を確保した」と話した。

「脱炭素化、デジタル、ヘルスケアなどの具体的なプロジェクトはすでに機能し始めています。 日本 – アラブ経済フォーラムの目的は、広範な分野で協力して日本とアラブ諸国間の平和、安定、繁栄を達成することです。 アラブニュースは斉藤の言葉を引用した。 言ったように。

主な参加者には、アラブ連盟経済部長官のアリ・ビン・イブラヒム・アルマリキ博士、ヨルダン・エネルギーおよび鉱物資源部長官のサレ・A・アルカラブシェ博士、アラブ商工会議所連合事務総長のカレド・ハナピー博士が含まれました。

一日中行われたセッションでは、相互投資の拡大から気候変動まで、さまざまなテーマが取り上げられ、グリーン技術、水管理、水素、アンモニアに関する議論が行われました。

このセッションで注目すべき人物としては、アラブ農業開発機構のイブラヒム・アル・ダキリとアラブ原子力機構のサレム・ハミディ博士があります。

その後の議論は新しい技術に集中し、アラブ科学、技術、海上輸送アカデミーの会長であるイスマイル・アブデル・ガパール・イスマイル博士とアラブ観光機構の事務次長報であるワリド・エル・ヘンナウィ博士が寄与しました。

その日のイベントは、JETROの石黒紀彦会長の閉会会社に仕上げられました。

READ  インドに対する安全保障の脅威はランカに対する脅威:モラゴダ
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours