経済

日本、アルテミスプログラム支援のため13年ぶりに新しい宇宙飛行士募集

宇宙飛行士候補者を募集しようとするエージェンシーの計画を示すJAXAウェブサイト。 出典:日本航空宇宙探査局

韓国、ソウル — 日本の宇宙局がNASAが主導するアルテミス月探査プログラムを支援するための努力の一環として、13年ぶりに宇宙飛行士候補者を募集する予定です。

日本航空宇宙探査局(JAXA)発表 募集計画 11月19日、合格者は、国際宇宙ステーション(ISS)、ISSに取り付けられた日本実験モジュール「棋譜」、またはNASAの月軌道前哨基地ゲートウェイで長期間働くことになると述べた。 JAXA、 NASAとの契約によりゲートウェイの国際居住モジュール(I-Hab)に複数の機能を提供する予定です。です。

「作業領域は地球と宇宙です。 家族なしで国際宇宙ステーションに出張を行ったり、月面にある基地で長距離旅行に行くことも可能だ」と話した。

機関は、2022年12月20日から3月4日まで申請書を受け取ると述べた。 応募者は、英語能力、リーダーシップ、問題解決能力、ミッション経験を公衆に伝える能力を評価するなど、いくつかのテストとインタビューを行います。 JAXAによると、最終候補者は2023年2月に発表される予定です。

機関の指針によると、申請書は通常の視力、聴力、色知覚を持つ日本の市民でなければならず、少なくとも3年間の経験が必要です。 また、宇宙船、宇宙服、その他の要因の仕様により、身長は149.5〜190.5cmでなければなりません。 有罪判決を受けた犯罪者または極端主義団体および政党に関連する者は、大会に参加できません。

過去には、申請者が自然科学分野で4年制大学の学位を取得しなければならなかったが、JAXAはこのような要件をなくした。 NHKレポート

JAXAは日本に活動中の女性宇宙人がいないため、女性の支援を促すキャンペーンを開始する計画です。 これまで11人の日本宇宙飛行士があった。 NHKによると、このうち男性は7人で、平均年齢は11月基準で52歳だ。

READ  日本との経済関係の発展40周年記念

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close