トップニュース

日本、イギリス、アメリカから2ヶ月後の水曜日ファイザーワクチン開始

日本は政府がワクチンの最初の承認を受けた後、英国と米国より二ヶ月後の水曜日コロナウイルスのための医療従事者を接種し始めました。

保健省は16日以上の人々のために3週間の間隔で2回接種するファイザー-BioNTechワクチンを承認した。 予防接種キャンペーンは、100個の病院の医師、看護師、その他の従業員と一緒に開始され、ある高位公務員は、月曜日の最初のラウンドは、 “ほぼ2万人」を対象にするものと予想されるました。

予防接種は、接種と受信者の両方に対してデジタル記録を要求する全国的な保健プログラムを管理する国の能力を試験することです。 ウイルスの拡散を防ぐために、昨年に導入された連絡先の追跡アプリは約3分の1のユーザーに影響を与える欠陥のため破損しています。

英国と米国はファイザーワクチンを承認し、12月から投与を開始しました。 アジアで日本は予防接種の開始において、中国、インド、インドネシア、シンガポールなどを臨検します。

日本は4月から65歳以上の人口3,600万人の予防接種を目標としているが、医療スタッフの予防接種遅延のためには一定のが遅れることがあります。

資格は、3月に約370万人の医療関係者に拡大する予定です。 たとえば、東京の近くの千葉県は、約280の地域で19万人以上を接種すると予想しています。

しかし、ワクチンを投与することに設定されたいくつかの医療機関は、どのように多くの人々が予防接種を迎えることができているかについての明確な情報が不足して準備を妨害していると言います。

保健省は、月曜日に県及び地方政府の線量分布と、個々の予防接種現場のインベントリを追跡することができるV-SYS管理システムをリリースしました。 文部科学省はまた、人々が注射を打つ場所を検索して、約束を管理することができるウェブサイトを作成する予定です。

日本は4月までに、別の予防接種の記録システムを運営するものと見られる。 これは、 “マイナンバー」国民IDシステムと接続することができ、移住のような人を追跡の困難を解決するのに役立ちます。

日本の予防接種法は、「病気の拡散を予防するための緊急の必要性」があるとき、当局が予防接種を要求することを許可していますが、予防接種に失敗したことに対する罰則はありません。 中央政府は、コロナウイルスの全体的なコストを負担します。

ファイザーのワクチンは、臨床試験でプラセボに比べて95%有効であることが明らかになったが、加速された開発プロセスは、注射のいくつかの側面のデータが相対的に不足を意味している。 ワクチンのパッケージに含まれている文書には、予防接種で提供される保護期間が確認されなかったと記録されています。

受信者は、副作用について約1ヶ月の間に監視されます。

READ  熱帯低気圧は、今日関東沿岸に接近に大雨に注意を(スキーユウジ) - Yahoo! ニュース - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close