日本、イスラエルにラパ攻勢を中断するように世界裁判所命令を遵守するよう求める

1 min read

イスタンブール

日本は月曜日、イスラエルに国際司法裁判所(ICJ)のガザ地区南部ラパ市での軍事作戦を中断するよう命令を求めた。

上川洋子日本外務相はイスラエル・カツ イスラエル外務相と電話通話で「暫定措置は紛争当事者に法的拘束力を持ち、善意で遵守しなければならない」と話した。

日本外務省は声明を通じて上川が加字地区に拘留されたイスラエル人質解放を包囲されたパレスチナ居住地の休戦と関連したと明らかにした。

彼女はまた、日本がラパでイスラエルの全面的な軍事作戦に反対すると述べた。

ガザ地区の状況について、上川首相は「人質の解放が実現できるように、即時の休戦と人道主義的支援活動が持続可能な方法で保障できる環境を造成するよう促した」と明らかにした。

日本はこれが「持続可能な休戦の実現につながることを望む」と彼女はKatzに言いました。

上川首相はまた、ガザ地区の深刻な人道的状況について日本の深い懸念を表明した。

彼女は、勝にラパ国境を利用することを含む人道的支援活動が「妨げられてはならない」と述べた。

勝長官は、ICJの命令と国際刑事裁判所(ICC)がベニヤミン・ネタニヤフイスラエル首相とヨアフガラントイスラエル国防長官に対する逮捕令状の申請に対するイスラエルの立場を説明したと外務省は明らかにした。

イスラエルは昨年10月7日、パレスチナ団体ハマスの国境攻撃後、ガザ地区で約3万6000人のパレスチナ人を殺害した。

軍事作戦により、230万人が居住する地域の大部分が廃墟になり、ほとんどの民間人が家を失って飢饉の危険にさらされた。

今回の攻撃は5月6日、戦争が侵攻される前に百万人を超えるパレスチナ人が戦争を避けて避難所を訪れたラパでイスラエルに攻勢を中断するよう命令したICJの判決にもかかわらず行われました。

Anadolu Agency Webサイトには、AAニュース放送システム(HAS)で購読者に提供されるニュース記事の一部のみが要約された形式で含まれています。 購読オプションについては、当社にお問い合わせください。

READ  駅前店演出久保建英警告2枚でキャリア初の退場! ビジャは「恩返し弾 "2発ダービーを躊躇 - サッカーダイジェストWeb
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours