日本、イタリア産キウイへのアクセスを許可| 記事

1 min read

イタリアは、両国の外交及び貿易関係者との協議を通じて、新たな主要市場開放に向けた措置を講じた。

11月13日月曜日、東京駐在イタリア大使館が主催したオンラインセミナーに出席した多くの人によると、イタリアのキウイ輸出業者がすぐに日本に進出できると述べた。

UN Comradeによると、日本は2022年に合計約112,000トンのキウイを輸入しました。 その量のほぼ86%がニュージーランドから出てきました。

マーケティングおよび貿易代理店のCSOイタリアの国際関係責任者であるSimona Rubbiは、市場が最終的に両腕を広げてそれらを歓迎するという刺激的な兆候があると述べました。

「日本側からキウイを輸入する必要があることを考えると、今回のセミナーの組織は確かにそれが開かれたという大きな信号でした」と彼女は言いました。

「今、私たちはこの計画ができるだけ最短時間内に適切に推進され、日本のような興味深い市場にイタリアのキウイを輸出する可能性があることを願っています」

RubbiはCSO会長のPaolo Bruniと取締役Elisa Macchiと一緒に行事に参加しました。

Bruniは、「これは生産、輸出、品質、技術、そして何よりも専門性と能力の面でイタリアのキウイ産業の強みを見せる機会でした」と説明しました。

「何よりも、新しい市場開拓と植物衛生障壁の除去に必要な技術的側面に特に重点を置いています」と彼は付け加えました。

実施中

多くのCSOメンバーがセミナーに出席したという事実は、日本市場の可能性に強い関心を示しました。

実際、Fruitimprese、Salvi-Unacoa、Granfrutta Zani、Apo Conerpo、Agrentità、Alegra、Naturitalia、Apofruit Italia、Jingold、Kiwi Sole、Cico Mazzoni、Zespriなど、グループに関連するほとんどすべてのキウイサプライヤーが参加しました。

イタリア側では、Gianluigi Benedetti大使が東京で国を代表した。 Emilia Romagna地区会長、Stefano Bonaccini; 農業議員Alessio Mammi; そしてEmilia-Romagna総監督Valtiero Mazzotti。

一方、ローマ農業部からブルーノ・カイオ・パラグリア(Bruno Caio Faraglia)とミケレ・フシロ(Michele Fusillo)がつながりました。

日本農業部長官藤田昭一も出席し、果物や野菜を市場に紹介する様々な手続きや輸入製品の点検を説明しました。

READ  日本大雪で17人死亡、90人以上負傷 – DW – 2022年12月26日
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours