日本、イラクに2-0勝利でパリオリンピック進出確定

Estimated read time 1 min read

日本は月曜日U-23アジアカップ準決勝でイラクを2-0で破って3位以内に入った後、パリオリンピック男子サッカーに進出した。

細谷真央と荒木良太郎が主張、ジョエル・チマ・フジタが立てた前半ゴールを破り、サムライ・ブルーがオリンピック8回連続出場資格を得、総合12位に上がり、ドーハの自信ビンハマド・スタジアムで契約を成し遂げました。

日本の荒木良太郎(左)が2024年4月29日、カタールドーハで開かれたイラクとの23歳以下アジアカップ男子サッカー準決勝戦前半戦でゴールを決めた後、歓呼している。 (刑務所)==刑務所

甲斐と監督は、「正直、心が楽だ」と私たちは様々な状況を予想し、計画を立て、選手たちが反応した。 私たちがしなければならないことを共有し、おかげで攻撃と守備がうまくいきました」

日本は前半28分、藤田のチップボールが細谷をイラクバックラインの後ろに出して先頭を走った。 フォワードはボールを倒し、すぐにマーカーから抜け出し、イラクのゴールキーパーフセイン・ハッサンを通過し、一番下のコーナーに横に足を踏み入れました。

2回目は休憩時間3分で左のディフェンダー・オハタ・アユム(Ayumu Ohata)が自身の力を利用してイラク選手2人を避けた後、中央にパスした藤田にパスし、藤田の最初のスルーボールは攻撃手荒木( Araki)によって制御され、入ることになった。

後半初め、山田フキが近距離でポストに詰まり、前半66分、細谷のヘディングシュートもゴールに当たった。

日本選手たちが2024年4月29日カタールドーハで開かれた23歳以下アジアカップ男子サッカー準決勝戦でイラクを2-0で破ってパリオリンピック進出権を獲得した後写真を撮っている。 (刑務所)==刑務所

藤田は「最低目標だったオリンピック出場権を確保することができて嬉しい」と話した。 「私が目指すのはアジア優勝であり、次の試合で勝利できるようによく準備します」

ウズベキスタンはインドネシアを2-0に切り、別の準決勝で初のオリンピック予選を通過し、日本との金曜日決勝に進出した。

アジアチャンピオンはパラグアイ、マリ、イスラエルと共にパリでD組に属し、敗北した決勝進出チームはスペイン、エジプト、ドミニカ共和国と共にC組に属する。


関連プレス:

サッカー:フェイエノールトがタイトル希望を維持しながら上田の目標達成

サッカー:日本がカタールを破ってオリンピック予選に差し迫った。

サッカー:10人マリノスが蔚山を破ってACL決勝に進出


READ  ウクライナの避難民の65%が日本に滞在し続けたい:調査
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours