トップニュース

日本、イランペルシャ湾の安全航行を保証促す

茂木町ミス日本の外相は、月曜日ホセインアミール圧トラヒアンと外相にペルシャ湾と周辺海域での船舶の安全を確保することを促した日本外務省が明らかにした。

反米強硬派大統領エブラヒムシー(Ebrahim Raisi)の新政権でモハマドジャバド桁プ(Mohammad Javad Zarif)外相の後を継ぐ圧トラヒアン(Abdollahian)はテヘランで開かれた会談で、茂木(Motegi)に彼の国が海上安全のための努力を惜しまないと述べた。

Motegiの要求は、7月、イスラエルの会社が運営する、日本所有のタンカーが傲慢海岸からの攻撃を受けた後、出てきたことです。 米国と英国は3人の乗組員を殺害した事件にイランが関与している疑いがしている。

茂木町ミス日本の外相(左)が2021年8月22日、テヘランでエブラヒムシー・イラン大統領と会談している。 (写真提供:日本外務省)(教徒)

この地域の航路を安全に維持することは、原油の約90%を中東に依存する日本に非常に重要です。

会議はRaisiとZarif SundayとMotegiの会話に従ってください。

日本の大臣はまた、日曜日との新しい大統領との会談でいたかのように、イランが多国間の核協定に早期復帰することを促しました。 この協定に基づいて、イランと6つの大国は、制裁緩和と引き換えにイランの核活動を制限することに合意した。

Raisi政権はドナルド・トランプ大統領が2015年に協定でイランを脱退させた2018年以降、強化されたとの米国の制裁解除を要求しています。

また、月曜日Motegiはドーハを訪問して、カタールのシェイクモハメドビンアブドラ万アルタニ(Sheikh Mohammed bin Abdulrahman al-Thani)首相とエネルギー分野を越えて、両国間の協力を強化することで合意した武装タリバンが国で権力を取り戻した後、アフガニスタンの危機について議論しました。

次にMotegiはパレスチナの指導者、イスラエル、トルコ、イラクとの会談するために西岸のエジプトで10日間の旅行を終えました。

READ  米軍、日本と韓国で少数の新しいコロナウイルス事例報告 - 太平洋

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close