日本、インド、フランスはスリランカの債権者のための共通プラットフォームを形成します。 債務ニュース

Estimated read time 1 min read

スリランカの最大量子債権国である中国が日本が始めたイニシアチブに参加するかどうかは依然として不確かです。

日本、インド、フランスは、スリランカの債務の再編を調整するために、両者の債権団間の対話のための共通のプラットフォームを発表しました。

しかし、スリランカの最大の量子債権国である中国が今年、G7議長国である日本がスリランカ債権団間の一連の会議を開始するために開始したイニシアチブに参加するかどうかは依然として不確実です。

鈴木俊一日本財務上は木曜日のブリーフィングで「このように広範な債権団を集めて交渉過程を開始できるようになったのは歴史的成果」と話した。

彼は「この委員会はすべての債権者に開かれている」とし、中国がこの努力に参加することを希望すると述べた。

Emmanuel Moulinフランスの財務大臣は、説明会でグループが「できるだけ早く」最初の会談を開く準備ができていると述べました。

スリランカ中央銀行のガバナーは、今週初め、ロイター通信に単一の会話プラットフォームを持つことが、情報の議論と共有を容易にするための歓迎される動きになると述べた。

鈴木氏は、「このプラットフォームの作成が、中間所得国の債務再編のためのベストプラクティスになることを望む」と述べた。

神田正人日本最高通貨外交官は、記者たちに、グループは中国を含むスリランカのすべての量子債権国に招待状を送り、できるだけ早い時期に一次会談を希望すると言った。

スリランカ財務大臣でもあるRanil Wickremesingheスリランカ大統領は、ビデオ会議を通じて「スリランカの苦痛を解決するための共同努力の始まりは、我々が国際通貨基金(IMF)と重要な政策調整をしたことを意味する」と述べた。

2,200万人の島国は先月、膨大な負債負担を解決するためにIMFから29億ドルのプログラムを確保しました。 しかし、低所得国だけを対象とするG20の負債処理共通フレームワークでは、中進国経済が救済を申請できなかった。

それは、新しいプラットフォームの作成につながる代替計画を提示しなければならない大きな経済に責任を負わせました。

スリランカ政府の公式データによると、スリランカは量子債権団に71億ドルを借りており、中国には30億ドル、パリクラブには24億ドル、インドには16億ドルを負っている。

政府はまた、海外の民間債権者とユーロボンドで120億ドル以上の債務、その他の商業ローンで27億ドル以上の債務を再交渉する必要があります。

スリランカは今月、国内負債の一部を再調整するための交渉を開始し、5月まで交渉を終えることを目指しています。

READ  日本の同一ロットで、より多くのファイザーコロナウイルスで物質を発見
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours