トップニュース

日本、インドネシア、ザンビア旅行者のための国境管理強化

日本政府は、伝染性の高い新型コロナウイルスの拡散を防ぐために、インドネシア、キルギス、ザンビアを含むいくつかの国の旅行者のための国境管理を強化すると火曜日発表した。

金曜日施行される国境管理措置に対する一連の変更で、これらの選択された国で到着した人々は、指定された施設に長く滞在し、より多くのコロナウイルスのテストを受けてください。

ザンビアで入国する人は、新たに10日検疫を受けるようになり、インドネシアとキルギスからの旅行の検疫期間は、それぞれ6日と3日の10日に延長されます。

アラブ首長国連邦旅行は3日で6日間検疫を実施する必要があります。

アルゼンチン、ベラルーシ、ボリビア、チリ、コロンビア、キューバ、エクアドル、フィジー、リビア、セイシェル、スリナム、パラグアイ、トリニダードトバゴ、ウルグアイ、トルコ、ベネズエラとロシアカレリア共和国、サラトフとニジニ・ノヴゴロドのロシアの州、ニューメキシコ州、ユタ、ワイオミングの米国株。

エジプトでの旅行者は、6日から3日間の検疫を要求します。

エストニア、フランス、ルクセンブルク、ナイジェリア、米国デラウェア州、カンザス州、メイン州、ミネソタ州、カナダオンタリオ州で到着した場合、指定された施設での3日の必須の滞在が解除されます。

国と地域から来た旅行者は、まだ日本に到着した後、14日間が隔離を受けなければならない。

READ  日本で最も高いトーチ形の塔 - ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close