経済

日本、インフレ、円安、経済回復のための新パッケージ注目





岸田文夫首相(左から2番目)が2022年9月29日、東京で開かれたデジタル社会推進のための政府会議に出席します。 (刑務所)

岸田文夫日本首相は、木曜日(19日)木曜日、新しい経済パッケージが物価上昇と円安の影響を緩和し、賃金上昇を促進し、投資を通じて経済を活性化することに重点を置くと述べた。

岸田は記者らに3つの優先順位領域に焦点を当てた「大胆な措置」とともに、ウクライナ戦争による天然ガス価格の急騰により、より高い電気料金に対処するのに役立つ新しいメカニズムの発売も含まれるだろうと記者たちに言った。 まだ解決されていません。

計画されたパッケージは、家計に対するより高いエネルギーと食品価格の影響を軽減するためにすでに発表された救済措置に追加されます。

岸田首相は総理室で「電気料金が1年前より20~30%急増し、家計と企業に大きな負担を与えている」と話した。

執権自民党の一部の上級議員は、約30兆円(2070億ドル)規模の経済パッケージを要求しています。

岸田は政府が月曜日から臨時国会で追加予算を編成し、通過を模索する計画なので、金曜日に管理者にパッケージドラフト作成速度を指示します。

米ドルに対する円の急落は、すでに高騰する生活費で困難を経験している日本の家計に大きな打撃を与え、政策立案者の懸念を高めている。 円の下落は、資源不足の日本のエネルギー、食品、その他の原材料の輸入価格を膨らませた。

木田は「社会と経済活動がほぼ正常水準に戻っています。しかし、高騰するエネルギーと食品の価格が家計を打ち破り、世界経済の鈍化への懸念が日本経済にとって危険になっています」と述べました。

日本経済はCOVID-19大流行の余波から徐々に回復しており、生活費の上昇は今や消費者心理を萎縮させています。 経済学者は、経済成長は緩やかだが継続すると予想しています。

先週、内閣は4月から今回の会計年度の予備費3兆4800億円を低所得世帯に5万円ずつ支給し、小売業の増加を制限するための石油卸売上補助金を維持するなど、救護措置資金を設けることに決めた。 ガソリンと灯油の価格。

インフレは岸田の最優先課題の一つです。 執権1年近くになった李首相は安倍晋三元首相の局長を火曜日に開催することにした政府の決定と、執権党議員と統一教会の間のあいまいな関係に対する支持率が急落し、大衆の不満が大きくなっている。

岸田首相は「日本人が表現する様々な見解と批判を知っている」と話した。 「私たちは真剣に受け入れ、これから学ぶ」

日本は、影響力と分裂を同時に持つ日本最長数首相安倍の納税者のお金で国長を払うのが適切かどうかについて意見がずれた。 安倍首相は去る7月の総選挙演説で元首相が自分が恨みを抱いた宗教団体である統一教と関連があると考えたある男性に銃を迎えた。

READ  ASCII.jp:「Chromecastwith Google TV」は、Chromecastとの価格差以上の価値があります!(1/3)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close