世界

日本、ウイルス急増で東京と大阪地域の緊急事態に重量を配置します。

2020年7月21日に日本でコロナウイルス(COVID-19)が発生し、人気のある観光名所である京都の一般的混雑清水寺近くの空の距離が撮影されました。 REUTERS / Leika Kihara

日本政府は、新しいCOVID-19の事例が急増するにつれて、東京と大阪の緊急事態を考慮していると放送NHKは水曜日に県当局が感染の拡散を防ぐために抑制を課すことができる措置を取ったと報じた。

感染性が高いウイルスが原因で、数千件の新しい事例が発生したことを受け、政府は今週首都と大阪府と後者の近所兵庫県に非常事態を宣言することが予想されます。

日本はこれまで多くの西側諸国を苦しめた大流行の爆発的な普及を避けており、現在までに合計事例は約540,000人、死亡者数は9,707人です。 しかし、最近の感染の増加は、計画された東京オリンピックが始まるわずか3ヶ月前の予防接種が振るわない中で近づいてきた。

毎日新聞は、東京支社百合子小池が4月29日から5月9日までに、日本の年次「ゴールデンウィーク」の休日期間を含む緊急期間を宣言することを準備していると報道した。

4次の流行の震源地である大阪は、火曜日に緊急事態の再開を要請して、人々の移動を制限するためにすべての主要な出来事をキャンセルするか延期する予定です。 日本の47県のうち、東京と大阪の地域を含む10県で準緊急措置が既に実施された。 もっと読む

西日本京都府政府も緊急宣言を準備しているJijiニュースサービスが報じた。 4つの地域の両方で制定場合、緊急措置は、日本の人口1億2,600万人のうち、4分の1に近いことをカバーします。

新しい宣言は、伝染病が始まって以来、日本で三番目に、完全な緊急状態になります。 野村研究所は報告書で、3つの地域の再開された緊急事態に起因する総経済的損失は1兆156億円(107億1000万ドル)になると明らかにした。

拡大された封鎖措置と遅い予防接種率への懸念が投資家に広がって、日本の株式が急激に下落してベンチマーク日経指数は1.7%下落しました。

Daiwa SecuritiesのシニアストラテジストであるHideyuki Ishiguroは「日本がウイルス獲得の面で他の国よりも遅れているため、グローバル投資家は、日本の株式を買い入れする理由はほとんどありません。」と言いました。

水曜日、日本政府の最高のスポークスマンである加藤加藤伸(Katsunobu Kato)は、緊急事態宣言の要求を期限の説明なし “すぐに”検討するという政府の立場を繰り返した。

一方、ファイザーInc (PFE.N) 日経新聞は今月、日本に5000万ドスワクチンを追加供給する契約を締結することを報告した。 シュガー義久に首相は先週の土曜日、米国を訪問している間、より多くのワクチン接種を確保するためにファイザーCEOと会談を行いました。 もっと読む

PfizerとModerna Incとの既存の契約と一緒に (MRNA.O)コロナ19ワクチンが国内規制当局によって検討されている場合は、日本のすべての成人人口に十分です。

政府のスポークスマンKatoは追加ファイザー線量について言及していない。 同社は、ロイターの要求に即座に応答しなかった。

($ 1 = 107.9500円)

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  サラエバーロッドの死は、運動を開始したが、友人には悲しみが個人的なことです

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close