理科

日本、ウクライナの核安全のためにIAEAに200万ドルを寄付

東京(AP) – 木曜日、日本はロシアの攻撃を受けているウクライナの核施設の安全を確保するための努力について、国際原子力機関に200万ユーロ(210万ドル)を寄付すると発表しました。

林義正(Yoshimasa Hayashi)外務相は、日本を訪問中のラファエル・グロッシ(Rafael Grossi)IAEA事務総長と会談後、津波で沈没した福島原発を訪問する約束を明らかにした。

IAEAは1986年にロシア軍が5週間占拠した世界最悪の原発事故現場であるウクライナチェルノブイリ原子力発電所とウクライナ南部の別の発電所に専門家たちを派遣した。

2つのミッションをリードしたGrossiは、今週初め、IAEAはウクライナ政府の要請に応じて、今後数週間で別の安全ミッションをチェルノブイリに送付する予定だと語った。

林は日本がウクライナの施設に「IAEAの専門家と必要な機器の緊急派遣に必要な」資金を支援していると述べた。

林は「ウクライナの核施設に対するロシアの攻撃は絶対に容認できない」と話した。 「福島第一原発事故にあった日本は、その行為を最も強力に糾弾します。」

日本はロシアに制裁を加えるために米国とヨーロッパに加わり、ウクライナに財政的および人道的支援を提供したが、これは部分的にはモスクワの侵攻が東アジアで中国の主張を大胆にする可能性があるという懸念によるものであった。

木曜日の初め、福島第1原子力発電所を2時間見学したGrossiは、感染症による困難にもかかわらず、2年前に最後に工場を訪れた以来、「驚くべき進展」を賞賛しました。

IAEAは、処理された放射性水の海への放出計画に関連する工場施設を訪問し、国際安全基準を満たし、安全上の懸念を表明する地域社会とその周辺国を安心させることを可能にするというIAEAの約束を再確認しました。

日本の原子力規制当局は、水曜日に発電所の運営者である東京電気電力会社ホールディングスが提出した放流計画を承認し、その方法は安全で環境へのリスクが最小限に抑えられると述べた。

日本は昨年発電所の解体に必要な措置で処理・希釈処理後の廃水を来年から放流するという計画を発表した。 3基の損傷した炉心冷却に使用された水が連続的に漏れ、数百のタンクに貯蔵されています。

中国は放流計画を強く批判してきた。 Zhao Lijianの外交部のスポークスマンは、木曜日のこの計画に対して「利己的な行動」であり、「容認できない」と述べた。

Zhaoは、日本が「放流計画に固執し、推進するよりも放射線で汚染された水を処理する適切な方法を探すべきだ」と述べました。

READ  10回目の飛行で創造性は火星から1マイル以上飛びました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close