日本、ウズベキスタンオリンピック本選進出確定

Estimated read time 1 min read

日本とウズベキスタンは、月曜日カタールで開かれた23歳以下アジアカップでイラクとインドネシアをそれぞれ破り、今年オリンピックサッカートーナメントでアジア代表チームの3カ所のうち2カ所を確保しました。

ウズベキスタンは準決勝でインドネシアを相手に2-0で勝利し、1991年ソ連から独立した後、初のオリンピック出場を確定しました。

フサイン・ノルチャエフは前半68分、ティムル・カパーゼの近距離バリシュートで先制ゴールを入れ、後半プラタマ・アルハンの自責ゴールでウズベキスタンのオリンピック進出とU-23アジアカップ決勝進出を確定した。

彼らは次にドーハの自信を持ったハマド・スタジアムでイラクを2-0で敗れた日本と対抗することになる。

この勝利は、日本が1996年以降、すべてのオリンピック本選進出記録を維持することを意味します。

2018年アジアU-23優勝チームのウズベキスタンは金曜日に日本と決勝戦を行い、インドネシアとイラクは木曜日パリでアジアの3番目の出場権をめぐって対戦する。

オリンピックプレイオフで敗れたチームは5月9日、アフリカ予選トーナメントで4位を獲得したギニアを相手に本選進出権をめぐって最終エレミネーターに進出することになります。

AFP – サポート

READ  Kiefer Ravena、Shiga、メイクアップB.リーグ戦でびっくり
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours