日本、オミクロンの怒りで2月の経済展望を縮小

Estimated read time 1 min read





2022年2月17日、東京のある証券会社で日本日経225指数を示すモニターの前を歩行者が通っている。 (AP Photo/Shuji Kajiyama)

TOKYO(Kyodo) – 木曜日、日本政府は、感染性の高いオミクロンの亜種によるコロナウイルス感染の復活により、民間消費の弱さを反映して5か月ぶりに経済展望を下方修正しました。

内閣府は2月の月間評価報告書で「一部の弱点は新種コロナウイルス感染症(コロナ19)による深刻な状況とみられるが、日本経済は回復傾向を続けている」と話した。

先月報告書は「新種コロナウイルスによる深刻な状況が徐々に緩和され、経済が最近回復傾向を見せている」と話した。

最近の報告書は、供給側の制約と高い原材料価格、金融および資本市場の変動の影響を引用しながら、感染の拡散による潜在的な「下方リスクのさらなる増加」に注意を払うべきであると述べました。

報告書について言論にブリーフィングしたある関係者は「ウクライナの事態が東ヨーロッパ諸国の近くで大規模軍事力増強によるロシアの侵攻に対する恐怖の中で原材料と原油価格に影響を及ぼすため、下方リスクとみなす」と話した。

構成要素別では、民間消費に対する評価が9月以降5カ月ぶりに初めて下方修正された。 以前の評価では、「拾いの動きを示しています」と言いました。

日本の47都道府県のうち、東京と大阪を含む36都道府県は、オミクロン変種の拡散と関連した緊急事態を維持している。 営業時間短縮、酒類販売禁止など、事業所に対する規制が含まれ、対象地域の消費が萎縮する傾向がある。

緊急事態で消費者心理が萎縮し、商業やエンターテイメント施設を訪問する人々の数が1月以降減少する傾向だと報告書は伝えた。

人々のクレジットカード支出動向を見ると、食事、ホテル宿泊、旅行を含むサービス支出が1月末全体的に減少したと関係者は話した。

報告書は、企業投資が「回復のための動きを見せている」と述べた。

同関係者は、今回の改正案が昨年以前の感染波から下落した後、ソフトウェア投資が回復したことを反映すると述べた。

他の主要コンポーネントの評価は変更されていません。 事務所は輸出が「ほぼ平らだ」と産業生産は「回復の動きを見せている」と話した。

READ  日本企業、スマートフォンに保護フィルム付有料サービス開始
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours