トップニュース

日本、オミクロン変種地域社会感染警告

保健省は、コロナウイルスのオミクロン変種による地域社会感染の可能性に対する注意レベルを高め、国境管理を強化し、新しい変種のスクリーニングテストを開始しました。

日本で発見された2件のオミクロン変種感染事例が空港検疫所ですべて検出された。 しかし、専門家は地域社会で変異が発見される可能性を排除できないと言います。

ナミビア外交官とペルーから来た男性に対してオミクロン感染が確認された。 両者とも東京近隣成田空港での検査でコロナウイルスに対して陽性反応を示した後、国立感染症研究所の遺伝子分析でオミクロン変異が検出された。

保健当局の既存の規定によると、感染者と同じ行に座っていた飛行機の乗客と、直前と後ろの2行に座った乗客を密接な接触者とみなした。

ナミビア外交官のオミクロン変種感染が確認された11月30日に、外交部は政策を修正し、オミクロンプロトンを乗せた飛行機のすべての乗客を密接接触者に指定した。

後藤重之厚生長官は、オミクロン変種に対して感染性、既存コロナ19ワクチンの有効性など、まだ知られていない部分が多いという点で、国民の不安を考慮して改正したと明らかにした。

緊密な契約は約2日ごとにポリメラーゼ連鎖反応(PCR)テストを受けなければなりません。 彼らは指定された宿泊施設に隔離され、14日間外出が禁止されており、彼らの活動を綿密に確認できると保健福祉部関係者は話した。

しかし、外交部の上級関係者は、この変種に対する強い伝染性が疑われる点を考慮すると、国境管理だけでは感染を予防することは難しいと警告した。

今夏、日本の5次感染病の主原因であるデルタ変種は、空港検疫所で入国者から国内で初めて検出された。 デルタ変異体はその後地域社会に広がり、8月までに日本のほぼすべてのコロナウイルス感染がデルタ変異体に起因したことが分かった。

感染者の迅速な発見は、地域社会感染の拡散を防ぐための鍵です。 保健省は、遺伝学的分析対象の感染症例の範囲を拡大し、地方自治体にすべてのコロナウイルスプロトンのスクリーニングを開始し、オミクロン変異に対する感染を見つけるように促しました。

他の上級関係者は「地域社会感染が発見されても封鎖して拡散を防ぐ」と話した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本の新中国の現実 - WSJ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close