経済

日本、オミクロン急増でCOVID抑制を拡大

2022年1月22日、東京のコロナウイルス感染症(COVID-19)感染症が発生したお台場海洋公園の海岸沿い地域をマスクを使った訪問客が散歩している。 REUTERS/Issei Kato

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、1月24日(ロイター) – 月曜日、日本がコロナ19記録的な急増を抑えるため、食堂営業時間の短縮など規制対象地域を2倍に増やす態勢だ。

岸田文夫首相は記者たちに「中央政府はまた別の18県からいわゆる準緊急措置を要請した」と話した。

この法案により、地域のガバナーは、レストランやバーを早期に閉鎖し、アルコール飲料の販売を制限するなど、モビリティとビジネスに対する抑制を命じることができます。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

日本は2年間のファンデミック期間中にさまざまな段階の緊急事態を宣言しました。 完全な緊急事態には、アルコール飲料の販売場所の閉鎖、スポーツおよび文化イベントへの参加の制限、規制に準拠していない事業​​体に対する罰金が含まれる場合があります。

日本は土曜日に54,000人以上の新しいCOVID事例を記録し、これは感染性オミクロンの変種によって導かれました。

急速に広がる変種の中で拡大した医療システムにより、政府は感染者と密接に接触した人とCOVID症状を示した人を検査せずに感染者と医師が診断できるようにしました。 政府。

後藤浩之(Goto Shigeyuki)の厚生は、岸田と会った後、記者たちに、「感染者の急速な普及に備えて、地方当局が迅速に適切な検査と患者の判断に基づいて患者を治療できるようにする(新しい)方針を提示した」と述べた。

北島北海道と大阪の西県は、縁石を求める人の一人です。 松野広和官房長官は、先に政府が拡張を迅速に決定すると述べた。

縁石が広がると、東京都を含め日本の47都道府県のうち34都道府県が覆われるようになる。

一部のアナリストは、これが日本経済の半分以上を占める民間消費に別の打撃を与える可能性があると推定している。

木内高秀野村研究所エコノミストは「最近18県への準緊急措置が追加で拡大すれば、民間消費損失は総2兆2560億円(198億3000万ドル)に達するだろう」と話した。

この措置による総経済的損失は、日本名目国内総生産(GDP)の0.41%に相当すると述べた。

この国は、感染症の間に210万人のコロナウイルス症例と18,498人の死者を記録しました。

($1 = 113.7900円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Rocky Swiftの報告。 Tetushi KajimotoとDaniel Leussinkによる追加報告 Tomasz JanowskiとBernadette Baumによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  グアムファンデミク以降の経済予測困難

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close