トップニュース

日本、オミクロン拡散の中で2月まで厳しい国境管理を維持

日本は、日本でCOVID-19事例が再び発生する中でオミクロン変種を防ぐために、2月末までに外国人のほぼすべての新規入国を禁止する厳しい国境制限を維持する計画だと、この問題に精通した消息筋が月曜日に語りました。

岸田文雄首相は、国費留学生など入国がほとんど不可能な一部の入国者に対して例外を適用するかどうかに焦点を合わせ、火曜日の可能性のある措置を発表する予定だ。

日本は、日本で伝染性の高い変種事例が確認されたため、11月30日から世界中で外国人の新規入国を禁止しました。

日本人または永住権者の配偶者および子供でも「特別な例外」でない限り、日本に入国することはできません。

岸田首相は、先立っての連休中に伝染病がどのように発展したかによって、今週の国境統制に対する決定を発表する意向を表明した。

彼は月曜日の官邸で五島重行厚生賞に出会った。


関連する適用範囲:

沖縄、広島、準緊急事態が始まり、高いCOVID事例報告

東京、ウイルスの急増でパンダ動物園、公共の場を一時閉鎖

オミクロンに対する日本の厳格な入国規定を緩和するための12,000人の署名請願


READ  地震情報:Light mag。 4.8地震 - 日本の北太平洋、2021年10月18日12:49(GMT + 9)

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close