経済

日本、オミクロン拡散の懸念の中でブースター撮影速度を向上ビジネス

東京(AP) – 岸田文夫(Kishida Fumio) 日本首相は金曜日、ファイザー(Pfizer)のアルバート・バラ(Albert Burla)CEOと通話した後、政府がCOVID-19追加注射を加速し、経口医薬品を確保していると述べた。

日本は今月初めから日本南部沖縄島で約100人の米軍感染クラスターを公開し、少数のオミクロン変異事例を確認しました。

自ら開発したワクチンのない日本はこれまでファイザーとモダナの追加接種を承認した。 日本もセカンドジャブとブースターの間隔を減らすために動いている。

Kishidaは、政府が2月から2回目の接種をしてから7ヶ月で高齢者に追加接種を開始すると述べました。 彼はまた、彼とBurlaが今月末までに承認されると予想されるMerckピルに加えて、ファイザーはCOVID-19に対する200万ドーズの経口医薬品の供給に同意したと述べた。

日本は12月1日からファイザーワクチンを使用する医療従事者に追加接種を開始し、その後は高齢者になると予想される。 木曜日の保健省は、モデナブースターのファーストトラック承認を承認しました。 日本はすでに最初の2回の注射にAstraZenecaワクチンと両方を使用しています。

松野博和官房長官は、記者たちに日本がファイザー、モダナと合算1億7千万ドーズの契約を締結したと明らかにしました。

KishidaはBurlaに供給のスケジュールを進めるように頼んだと信じられた。 しかし、首相はワクチンの供給に関する詳細を明らかにすることを拒否し、さらに詳細はまだ交渉中であると述べた。

沖縄では保健当局が米海兵隊キャンプハンセンで50代男性日本人職員のオミクロン感染を確認した。 航空機。 これによりキャンプのクラスターが99個に増えたと沖縄管理者は言った。

デニタマキ沖縄知事は、金曜日の記者たちに、ウイルス対策を強化し、軍隊を厳密に隔離し、キャンプを離れないように、サンプルのゲノム分析を実施するよう米軍に要請したと述べた。

東京は木曜日に自宅で孤立していたアメリカ人旅行者からオミクロン変異の最初の事例を確認しました。 到着直後、この友人はサッカーの試合を観覧した後、コロナ19陽性判定を受けました。 彼のオミクロン感染は金曜日に確認された。

保健省は、木曜日の検疫担当者の一人がオミクロン変異に陽性を示したと述べた。 新たな発見で日本の確認されたオミクロン事例は34件に増えました。

日本政府はこれまで、すべてのオミクロン事例が国境管理で検知されていると述べていますが、専門家は地域社会の伝染事例が現れ始めるのは時間の問題だと言います。

日本はオミクロン変種が南アフリカで初めて報告されて以来、国境管理を強化しており、現在、ほとんどの外国人への入国を禁止しています。 日本は感染症が始まってから約173万件の事例が発生し、約18,400人が死亡しました。

著作権2021 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、再作成、再配布することはできません。

READ  経済指導者はインフレ、回復について議論します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close