日本、オランダを破って逆転勝利

1 min read





私:ランスアグカオイリー21分前


日本、オランダを破って逆転勝利

VNL 2024 3週目競技に出場する日本の西田悠二。 – マロ・クエト/INQUIRER.net

マニラ、フィリピン — 西田裕二と石川由紀が金曜日の夕方モール・オブ・アジア・アリーナで開催されたバレーボール・ネイションズ・リーグ(VNL)の3週目の試合でオランダを25-19、25 、25-20で破って日本の勝利を取り戻しました。 。

マニラレッグオープナーでカナダに敗れ、重要な州から除外されたRan Takahashiを逃した後、西田は最も重要な瞬間に16得点でさらに一歩進んだ。

彼は第3セットで日本の逆転をリードし、日本はオランダを6-10に追いかけた。

読む:日本のスター高橋蘭はVNL 2024の残りの期間に出場しません

「今回の勝利はとても重要です。 過去の試合で日本チームが負け、それは私の責任だ。 精神力は落ちたが、精神力、情熱、このゲームの重要なものを押し付けようと努力しました。

「私は幸せです。 とても良い勝利です。 今、次の2つの試合が残り、勝つことが非常に重要です。 今回復はありません。 [time]」

日本は3番目のセットで西田の連続エースと大規模な後列キロ16-12に先駆け、6位から7-3に記録を向上させるために決して振り返らなかった。

西田は最終セットで10得点を記録した。

読む: VNL 2024:日本のRan Takahashi、カナダに敗れた後の改善を求める

石川は12キル、2エース、1ブロックで西田を15得点でバックストップにし、大塚達典は高橋の空きスペースを埋めるために8得点に上がった。

「彼がここにいなくても、私たちは常にバレーボールについて考えなければなりません。 今日はカナダとの試合で敗れたので、私たちにとって重要な試合でした。 そして私たちは [team]。 私たちが3-0に勝ったので、私たちにとっては重要です。」

日本の高橋健太郎と西田悠二

日本の高橋健太郎と西田悠二。 – マロ・クエト/INQUIRER.net

強気を見せた日本の照度ファンを収容した。 試合が始まる前に大多数がファンゾーンを訪れた。

「本当に素晴らしいです。 エネルギーを注いだのでとても幸せです。 今日はファンの皆さんがよろしく、本当にありがとうございます」と石川は言った。

「いつも観客がいっぱいで、歓呼もたくさんしてくれてとても嬉しくて、不思議です。 [play] ここです。」 西田が付け加えた。

最初の2試合で38得点と37得点を上げたニミール・アブデル・アジズは7得点にとどまり、マルテン・ヴァン・ガルデレンが10得点で唯一有力な座を占めた。

オランダは土曜日の午後3時にカナダとのマニラの試合を終えることを望み、3勝8敗で13位に押された。


READ  日本の翼カジ谷、プレーオフで勝利
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours