理科

日本、オリンピック、パラリンピックの予防接種準備

東京2020オリンピックスポンサーであるToyota Motor Corp(7203.T)の最高経営陣は日本の会社の関係者がオリンピックが成功することを望む欲求と大流行期間中にイベントを開催することに対する大衆の懸念について「葛藤」を感じた。

7月23日オリンピックが始まる3ヶ月もたたないうちに、日本はコロナウイルス感染急増と戦っている大多数の人口が2番目にコロナウイルス感染をキャンセルしたり、延期することを望んでいる。 もっと読む

自動車メーカーの運営責任者である永田た(Jun Nagata)は水曜日の収益ブリーフィングで「スポンサーとして選手たちを狙った大衆の不満を見ることは、私たちの心を傷つけている」と述べた。

「率直に言って、私たちは最善の行動方針が何なのかについて、毎日葛藤を経験しました。」

イベント期間中にウイルスの発生を防ぐために、日本は約2,500人のオリンピックとパラリンピックの選手とサポートスタッフに予防接種を提供する準備をしており、予防接種キャンペーンの遅い速度に対する大衆の怒りの中に寄贈注射を使用します。

人口の2.6%だけが予防接種を受け、先月の運動選手の優先順位についての報告がソーシャルメディアに怒りを呼びました。

全国オリンピックとパラリンピックのパネル関係者は、各体育連盟にどのように多くの人々が、いつ予防接種を受けてたいかどうかを尋ねたと述べた。

日本のパラリンピック委員会の黒田美穂は「私たちの管理者たちが全人口に問題を起こさないように確実にするだろう」と述べた。

読売新聞は、予防接種が早ければ6月に開始することができていると語ったが、関係者は誰の予防接種をするかどうかなど、時期や詳細はまだ不明であると述べた。

先週Pfizer Inc、ドイツのパートナーであるBioNTech SEは、オリンピックとパラリンピック競技に選手と代表団を予防するためにIOC(International Olympic Committee)にワクチン接種を寄付すると発表した。

日本はファイザーワクチンだけ承認したが、他の人の承認が迫っていました。 先月歯科医師が許可を受けたが、医師や看護師だけでは注射を打つことができる供給の問題とルールにより、予防接種率が鈍化した。

IOC、日本の主催者と政府は蔓延批判にもかかわらず、8月8日まで予定通りオリンピックを開催すると繰り返し約束した。

いくつかのオリンピックサッカーの試合を開催する茨城県知事は伝染病が悪化する場合、追加の煙やフロントキャンセルを考慮すると言いました。

大井川和彦知事は火曜日ニュースブリーフィングで、「日本は言うまでもなく、国際社会の理解を得ることができないだろう」と述べた。

Ooigawaは東京2020組織委員会の病状を選手用に予約してほしいという要請を拒否した付け加えました。

ニューヨーク・タイムズ紙は、火曜日 “スポーツイベントがスーパースプレッダーがあってはならない」というタイトルの記事でキャンセル要求に参加しました。

「科学を聞いて危険な行動を停止したときです。」

日本は最悪の大流行から脱出したが、11,000人が死亡し、医療システムが最近の急増に真剣に拡張されており、火曜日首都東京で925人の新しい感染が発生しました。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  宇宙望遠鏡「スピッツァー」によって別の家族の写真| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close