スポーツ

日本、オリンピックの記者会見で、意図的にCOVID-19変形ニュースをスキップ:レポート| スポーツ

新しいレポートによると、日本の保健当局者は、東京オリンピック期間中のメディアとの公式通信で伝染性の高いCOVID-19のラムダの亜種への言及を意図的に省略しました。

オリンピック開幕3日前の7月20日、東京羽田空港に着陸した、ペルー出身の女性が、この日コロナ19陽性判定を受けて、ラムダ保菌者に分類された。 この女性は、7月26日、その亜種を持っていることが確認されたが、保健省は7月30日や8月6日定期プレスリリースでは、この事例に言及していなかったとデイリービーストが火曜日と報じた。

国立衛生研究所のスタッフは「私たちは、24時間体制で電話をかけて警報を鳴り保健省は、静かし、今日までに発表する意思がなかった」と述べた。 伝染病がニュースに語った。

匿名を要求した従業員は、日本の保健当局が30歳の女性が、この亜種を移すことをすぐに懸念したと述べた。 ラムダ。

「サンプルが来て、その女性がどこの出身なのかを知った時、論理的に、我々はすでにラムダ亜種を探していた、それを見つけることが期待している。」と、その人は言いました。

この夏のオリンピックが終わる2日前の8月6日に発行されたプレスリリースで、日本厚生省は全国の空港検疫で発見されたすべてのコロナウイルスの亜種をリストしました。 プレスリリースでは、アルファとデルタ変形について言及したが、ラムダについては言及しなかったDaily Beastが報じました。

外交部は8月6日の夜になってようやく、ラムダ変種の検出を確認した媒体は伝えた。 当局者たちは、この事件が空港から検出され、隔離されたため事件が国内に「着陸」したものとに分類していなかったサイトに語った。

以前にC.37に知られたラムダの亜種は、24カ国以上に広がるされたが、他の亜種に比べてどれだけ積極的ななるわからない。

世界保健機関(WHO)は、α、ベータ、ガンマ、およびデルタが分類される方式である「関心の変形」と反対されている「関心の変形」に指定しました。 ラムダに対するワクチンの有効性は、まだ決定されていないが、先月、ニューヨーク大学の研究では、ワクチンが変異体について効果があると提案した。

©2021ニューヨークデイリーニュース。 訪問 nydailynews.com。 Tribune Content Agency、LLCで配布します。

READ  シュガー、オリンピックまで3ヶ月ぶりに東京緊急事態宣言

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close