スポーツ

日本、オリンピックを通じて持続するウイルス緊急事態宣言

TOKYO(AP) – 日本はオリンピック期間中続くCOVID-19の急増が増加することを懸念して、東京をオリンピック期間中持続する緊急状態に置く予定です。

木曜日の朝の専門家との会議で、政府当局者は来週の月曜日から8月22日まで、東京で緊急事態を発令する計画を提案した。 すでに感染症で1年延期された夏季オリンピックは7月23日に開始し、8月8日に終了します。

オリンピックは、すでに外国の観客なく開かだろうが、計画された6週間の緊急事態で現地の観客の機会が終わる可能性があります。 ファンの決定は、金曜日、現地主催者が、国際オリンピック委員会およびその他の代表と会ったときに予想されます。

東京は現在、バーやレストランの時間短縮に焦点を当てた、以下の厳格な措置を取っているが、コロナウイルスの拡散を遅らせるには、以下の効果があることが証明された。

菅義偉首相はトーマス・バッハIOC総裁が東京に上陸してから数時間後の木曜日遅く緊急計画を公式発表する予定です。 バッハは豪雨が洪水を脅かす広島に向かう前に、日本の首都のIOCの5つ星ホテルで3日間が隔離する必要があります。

今後の緊急事態は大流行が始まって以来、東京の第四緊急になり、政府の柔らかいアプローチについて強く警告した専門家との出会いを経て、水曜日遅く計画の最後の瞬間に変更されます。

東京は先週714件から5月13日1010件以来、最も高い920件の新たな事例を報告した。この数値は、東京の毎日の事例が、オリンピックの前に1,000件を突破して、8月には、何千もの件急増することができるという専門家の初期推定値と一致する。 。

東宝大学伝染病の専門家和博他テータ氏は、春の早期緊急事態があまりにも遅く、大阪の病院が患者にあふれることを防ぎ、また、他の遅延を許可してはならならないと言いました。

国立感染症研究所所長竜二ワキ乗る、日本の事例の3分の2が、東京の地域で発生しており、「私たちの懸念は、感染が周辺地域に拡散されるだろう」と述べた。

専門家はまた供給の不確実性により、日本の予防接種ドライブが活気を失って予防接種を受けていない若い人たちの事例が増加していると指摘しました。

日本人の15%だけが完全に予防接種を受け、米国の47.4%、イギリスのほぼ50%に比べて低くなります。 日本の全国的に約81万件の感染と約14,900人が死亡しました。

「感染は拡大段階におり、この国のすべての人々は、その深刻さを確実に理解する必要があります。」と、政府の最高医療顧問のShigeru Omi博士は記者に言いました。

彼は当局に夏休みが近づいてきているオリンピックを控えて、すぐに強力な措置をとることを促した。 近江は、「7月から9月までの期間は、日本のCOVID-19の措置に最も重要な時期です。

READ  F1ベルギーGPファイナル:10ドライバーコメント[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close