日本、オリンピックチームの派遣

1 min read
2024年パリオリンピック開幕式の騎手である世界サーブルフェンシングチャンピオンの美咲恵村(右)とブレイクダンサー重行「シゲキス」の中井(真ん中)が東京で開かれた日本代表団の発足式に出席している。 — AFP/ファイル

東京:日本は金曜日にパリオリンピック選手団を派遣し、3年前ファンデミックで演技された東京オリンピックで歴代最高の金メダルを獲得しようとしました。

日本は国内で金メダル27個を獲得し、海外大会史上最大のチームであるパリに約400人の選手を派遣します。 東京大会は厳格なコロナ19防疫規則に従って開催され、ほとんどの競技場で観覧客の出入りが禁止され、通り祭りはキャンセルされました。

日本のパリチームは、皇室の家族が出席した儀式を行った後、歓声をあげるファンや学生でいっぱいの送別イベントに移されました。 「3年前に送別祝いイベントをオンラインで開かなければなりませんでした。」 日本の三木大潟主任が語った。

「それで、今日こんなに多くの人が応援してくれて本当にありがとうございました」 日本は2回世界チャンピオンフェンシング選手ミサキ・エムラとブレイクダンサー重行中井、別名「シゲキス」を機首に指名しました。

「オリンピックで初めてブレーキングが登場し、すべてが新しい挑戦です」 中井が言った。 「旗があげられて大光栄です」

READ  ソルトレイクシティはいつ別の冬季オリンピックを開催しますか?
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours