トップニュース

日本、オリンピック心配にCOVID-19ワクチン接種開始

TOKYO(AP) – 他の主要経済国から数ヶ月後、日本は水曜日に一線医療スタッフに最初のコロナウイルスワクチンを提供し始めました。 多くの人々がキャンペーンに十分な人々に到達することができるかどうか、時間が経過すると、一世紀で最悪の伝染病で、すでに1年遅れ夏季オリンピックを入手できるかどうか気にしています。

最近増加している感染もかかわらず、日本は他の豊かな国の経済、社会的ネットワーク、医療システムを打撃した種類の大激変を大きく回避しました。 しかし、オリンピックの運命とオリンピックが失敗した場合、数十億ドルがかかって、日本のワクチンキャンペーンが重要になりました。 日本の関係者はまた、ウイルス退治に成功した中国が来年の冬季オリンピックを開催するという事実をよく知っています。

ワクチンが発売され、大きな問題は、日本が依存している輸入ワクチンの不足へ​​の懸念です。 まず、医療従事者には、その次には、高齢者、おそらく春の終わりまたは初夏に残りの人口に – 過去のメディアによって提起された比較的まれな副作用の恐れのために多くの日本人がワクチン接種を気に時間。

遅く発売され、7月のオリンピックが始まる前に、ウイルスのいわゆる「無理免疫」に到達することは不可能になるだろうと専門家は言います。

予防接種運動は、政府の支援を受けているが、オリンピック開催について、市民の間で大規模な境界と反対があります。 最近のメディアの調査に参加した回答者の約80%がウイルスの懸念のためのオリンピックキャンセルまたは追加延期を支持します。

メディアがいっぱいの部屋に参加した東京医療センターの荒木和博博士はシャツの袖をまくり上げて水曜日ジャブを受け、日本人初の予防接種を受けました。

「全く痛くなかった非常に安心されます。」と彼はアレルギー反応を監視しながら記者に言いました。 「今、私たちはより良い保護を受けており、治療を提供しながら、よりやすらぎをください。」

約40,000人の医師や看護師がコロナ19患者を治療するグループに含まれてい水曜日から最初の接種を受けて、3月10日から第二の接種を受ける予定だったので、ウイルスに脆弱であると思いました。

日本は、他の多くの国に遅れています。 政府は火曜日ファイザーでの開発と供給されたワクチンについて、最初のワクチン承認を下しました。

英国は12月8日の予防接種を開始し、米国は12月14日のキャンペーンを開始し、2月中旬までに、約1,500万人が予防接種を受けた。 ワクチンは、12月末にドイツ、フランス、イタリア、および多くの欧州諸国で発売されました。

日本はすでに6カ国で実施された臨床試験に加え、日本人を対象とした臨床試験をファイザーに要請したため、速度が遅れた。 日本の管理は、ワクチンの信頼性が低い国の懸念を解決するために、これが必要だと述べた。

日本のワクチン長官河野太郎(Taro Kono)、日本のワクチン長官は「日本政府が日本国民にワクチンの有効性と安全性を証明するために、可能なすべての努力をしたことを日本国民に知らせることがより重要であると考えています。 「だから、最終的に、私たちはもっとゆっくり開始したかもしれませんが、より効果的であると思います。」

ワクチンに対する日本の不信は、数十年前です。 多くの人がワクチンについて漠然とした不安感を持っています。 部分的には、ここにあるメディアで副作用が頻繁に発生したためです。

最初の注射を右の人の半分は7週間毎日自分の状態を記録します。 そのデータは、副作用を心配する人々に知らせるための健康の研究に使用されています。

独自のワクチンの開発がまだ初期段階である日本は、最初は外国で開発されたワクチンに頼る必要があります。 輸入ワクチンの供給は、多くのことが、製造されている欧州の供給不足と制限により、大きな心配事です。

輸入ワクチンの供給が日本の予防接種推進進展を決定するとKonoは言った。

金曜日に到着した最初のファイザーワクチンは、最初の医療従事者のグループを覆うに十分です。 第二の配置は、次の週に発送される予定です。

現在第一線医療従事者がワクチンを迎えた後、3月に370万人の医療従事者がより多くの接種を開始し、4月から65歳以上の約3,600万人がつながる。 基本的な健康問題がある人々と老人ホームやその他の施設の介護者は、一般大衆が順番を受ける前に、次の番です。

シュガー義久に日本の首相は「大流行の人間の勝利の証拠」として安全なオリンピックを達成することに決心したと述べたが、感染状況を考えると展望は不透明です。 現在、日本ではシュガーのウイルス対策が遅すぎる遅いため、部分的に緊急事態に直面しています。

批評家は、日本の病院はすでにCOVID-19患者の毎日の治療に困難を経験している状況で、多くの医療スタッフが予防接種を支援していると言います。 病院はオリンピックに関連する多くの外国の訪問者に対処追加能力がないという心配があります。

READ  ラグビー元日本代表湯原ゆきさんが死亡、36歳 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close