日本、オリンピック競技場計画を破棄して再開

1 min read

By Elaine Lies TOKYO(ロイター) – 安倍晋三日本首相は、金曜日の高騰費用が大衆の怒りを引き起こした後、論争になっている2020東京オリンピックの中心である国立競技場計画を廃棄すると発表しました。 2013年東京が夏季オリンピック誘致に成功した時、予想費用のほぼ2倍に達する21億ドルで、推定費用が上がったスタジアムに対する怒りは、議会を通じて人気のない国防法案を推進し、安倍の責任となりました。 新しい国立競技場は2019年ラグビーワールドカップの中心になる予定でもありました。 国防強化と経済再起動を約束し、2012年に再任した安倍に対する支持率は、国防法案に対する有権者の疑問のため約40%に低下しました。 スタジアムに関するニュースはそのような苦情を増幅しました。 安倍首相は遠藤東明五輪長官と下村白文文部科学賞に会った後、記者たちに「私たちはスタジアム計画を白紙化して0から始めている」と話した。 安倍首相は費用に対する熱狂について「オリンピックは韓国国民のための祭りであり、彼らと選手たちそれぞれが主役だ。私たちはそれを祝うことができる行事にしなければならない」と話した。 東京は仕事を果たすという評判に基づいてオリンピックで優勝しましたが、すぐに費用問題に直面し、ほとんどのスポーツ競技場をオリンピック選手村から8km(5マイル)以内に維持するなど、一部約束を撤回しました。 イギリス出身の建築家ザハハディッドが設計し、自転車ヘルメットに例えたこのスタジアムは高価で壮大で、最近撤去されるまで1964年東京オリンピックのために建設されたスタジアムがあった敷地には適していないという批判を受けてきました。 安倍首相はできるだけ早く新しい措置を講じるべきだと述べた。 しかし、彼はコストとこれがデザインに対する別の競争を意味するのか、それとも2012年の競争の他のデザインが使用されるのかについては言及していません。 2012年のロンドンオリンピックと2000年のシドニーオリンピックでスタジアムの計画を縮小することは珍しいことではありませんが、この段階で計画を完全に変えることは珍しいことです。 関係者は、以前にデザインを変更すると東京の評判が損なわれると述べた。 マスコミは、ラグビーワールドカップが既存のスタジアムで開催され、政府は新しいスタジアムのコストを約1,800億円(14億5千万ドル)に維持することを目指していると述べた。 当初、スタジアム建設費用は1300億円と推定されたが、昨年の推定値は3000億円と上がった。 先月政府は2520億円(20億3000万ドル)の費用を策定した。 政治専門家らは今回のスタジアム決定は第二次世界大戦以来初めて日本軍が海外で戦闘を行うことを可能にする改正案を含む安保法に対する怒りで打撃を受けた支持を強化するためのものだと述べました。 数万人の人々が木曜日の下院で承認された法案に反対して抗議しました。 中央大学政治学教授のスティーブン・リード(Steven Reed)は「それはかなり露骨だ」と述べた。 「賢いプレイだが効果があるかどうかは言い難い」 オリンピック開催は安倍政権に活力を吹き込んだが、計画はすぐに泥沼に陥った。 古いスタジアムの撤去が遅れ、主催者はほとんどのスタジアムをオリンピック選手村の近くに保つことを約束しました。 Zaha Hadid ArchitectsのプロジェクトディレクターであるJim Heverinは、ステートメントではコストの増加はデザインに関連していないと述べました。 Heverinは、「最近報告されたコストの増加は、日本の請負業者の能力内で標準的な材料と技術をうまく使用し、日本のスポーツ委員会が定めた予算を満たす設計によるものではありません」と述べました。 「スタジアムへの真の課題は、東京の建設コストが毎年急激に増加し、固定締切日を背景に受け入れられる建設コストに同意することでした」。 (追加報告:Linda SiegとKaori Kaneko、編集:Paul Tait、Robert Birsel)

READ  神戸8強に、イニエスタ弾/ ACL決勝T1回戦の詳細 - サッカーライブ速報:日刊スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours