スポーツ

日本、オリンピック遅延数ヶ月前に、ウイルスの緊急事態の拡大



日本政府は、大流行に延期された東京オリンピックが開幕する6ヶ月未満ならない火曜日にコロナウイルス緊急事態を一ヶ月間延長することを承認した。 シュガー義久に首相は3月7日までに、全国の多くの地域で実施される措置が感染を減らすのに役立ちましたが、より多くの措置が必要であると言いました。 彼は「入院化は今後も高いレベルに維持されるので、私たちは、これらの措置を継続する必要があります。」と言いました。 「ウイルスの拡散を防ぐために、我々はすべての行動方式を変更してください。 “

延長は2月7日に終了し予定の東京を含む現在の法案11の地域のうち10地域に適用される予定であり、事件が十分に減少したと判断される可能性があり、北部の栃木では延長されないことです。 。

シュガーは「ウイルスの状況が改善された県で「3月7日以前に緊急事態が解除されることができると述べた。

日本のウイルスの緊急事態は、世界の他の場所で見ることができる閉鎖よりもはるかに緩く、主に午後8時から、在宅勤務を増やしバーやレストランを閉鎖します。

現在、議会を通じて進行中の法案は、早期締め切りされていない事業​​体の罰金を含む執行措置を追加します。

しかし、比較的快適なアプローチでさえも、全国的に新しい感染が減少する結果を生んだと思われます。

それにもかかわらず、政府は初期措置を消極的という批判に直面した後、政府はこのスピードが速すぎるオフにすることについては慎重を期してきた。

オリンピックに自分のオルガナイザーたち

シュガー政府は昨年12月、事件が急増したにもかかわらず、景気後退を防ぎ外経済への影響を懸念し、昨年末の緊急事態に抵抗した。

この措置は、最初は、大都市地域のみを対象としたが、全国の多くの地域で感染が急増し、初めて発表されて、約1週間後に拡大しました。

日本のコロナウイルスの発生は、全国的に比較的少なく、全体的に約5,800人が死亡しました。

しかし、国の医療システムへの負担がますます大きくなっており、緊急時の初期充電と火曜日の延長に対する大衆の支持が強い。

シュガー政府は、今年の夏のオリンピックの演技見通しの疑問を呼び起こす国内第3次感染の支持率が下落した。

日本はまだコロナウイルスワクチンを承認しなかったが、シュガーは火曜日、2月下旬からの発売の前の推定値よりも早く、2月中旬にジャブ開始されることを望むと述べた。

最初のワクチンは、約10,000人の医療従事者に提供されることが予想され、発売は4月に開始し、最初は高齢者に拡大されます。

日本政府、主催者とオリンピックの関係者は、すべてのオリンピックが今年の夏に行われるだろうと主張し、イベントを安全に維持するために大規模なウイルス対策が開発されています。

しかし、世論はまだ反対しており、日本の世論調査の約80%が追加煙やフロントキャンセルを支持しています。

日本は緊急時に国境制限を強化し、プレーヤーのための免除を終了しました。

昇進

これにより、3月に予定されて芸術水泳予選の2021年の最初のオリンピックのテストイベントを含む、いくつかのスポーツイベントがキャンセルと延期された。

火曜日早く、東京2020年森喜朗大統領は、「しかし、コロナウイルス(パンデミック)が進化する中、「オリンピックが行われるだろうと言いました。

この記事に記載されて話題

READ  【東京大賞典回顧】ライバル不在オメガパフューム3連覇(斎藤修)| 競馬ニュース - netkeiba.com

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close