理科

日本、オリンピック選手が陽性で健康管理の強化| 健康と科学、健康

菅義偉首相は月曜日、ウガンダオリンピックチーム・メンバーがトレーニングキャンプを開催する町でCOVID-19に陽性反応を示した後、今後の戦いが感染を拡散させるという懸念を引き起こした後、空港の健康管理を強化すると、月曜日を約束しました。

コーチとして知られているウガンダのチーム・メンバーは、土曜日、東京の成田空港で陽性反応を示し、そこから分離されました。 しかし、残りの9人のチームは、貸切バスに乗って大阪西部県にあるオリンピック前のキャンプまで500km(300マイル)以上を移動することができました。

3日後、第二のウガンダもウイルス陽性反応を示し、チームと密接な接触をした7人の村の公務員と運転手が自ら隔離するようにしました。 チームはホテルから隔離された。

両方のウガンダのあるすべてのより簡単に広がるものとされるデルタ変種ウイルスを持っていると発表された後、懸念が高まりました。

この事件への批判に対応するために、シュガーは、東京羽田国際空港に駆けつけウイルス検査を実施し、7月23日開幕を控え、ますます多くのオリンピックとパラリンピックの参加者が日本に入国することにより、適切な国境管理を保証すると約束しました。

加藤加藤甲信官房長官は、日本は、日本に向けて出発する7日前、毎日ウイルススキャンを要求することにより、デルタ菌株が発見された地域のオリンピック選手や他の参加者の隔離要件を強化する計画だと語った。 – 入国後最大14日と最初の3日間隔離トレーニング。

ウガンダの事件は、日本の国境保健管理が容易に違反することを示したと、東京の医師会会長尾崎晴夫が日曜日NHK公共のテレビで語った。

「明らかに国境管理は十分ではないが、作業する時間が十分でした。」と彼は言いました。

吉村博文大阪支社は、チーム全体が成田空港から隔離されるべきだと述べた。

政府関係者は、最初に、空港の健康管理が肯定的な事例を適切に検出して隔離した弁護し、密接な接触が疑われる人の接触の追跡と分離は自分の仕事ではなく、地域の保健当局のことだと述べた。

山下泰弘日本のオリンピック委員会の委員長は、東京で開かれた記者会見で、「どのような措置をとる場合でも、感染した人が入ってくるもので避けることができない」と述べた。

山下は「空港での厳しい国境管理は非常に重要である」とし、地方当局に連絡追跡のすべての責任を課すのではなく、政府のより多くの仕事をするように促した。

専門家は、6月21日の緊急事態が緩和された後、東京や他の大都市圏の人々の移動が大幅に増加し、東京地域の感染再発の兆候を警告しました。

月曜日東京は前週236件から増加した317件の新しい事例を見ており、週に9日連続で増加してデルタ変形例が増加した。 専門家は、オリンピック期間中、別の緊急状態が必要な場合があるレベルへの復活を加速することができると専門家は言った。

READ  ハッブル宇宙望遠鏡は、バックアップシステムで再び生き灘:NPR

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close