日本、カンボジアと協力してウクライナなど他の国と地雷除去知識を共有

1 min read

日本外務大臣は、ウクライナを含む世界各国と地雷除去に関する知識と技術を共有するためにカンボジアと共同プロジェクトを発表しました。

カンボジアプノンペン–日本外務大臣は土曜日にカンボジアと知識と技術を共有するための共同プロジェクトを発表しました。 地雷の除去 世界の国を含む ウクライナ

横上外務長官は、1990年代に東南アジア諸国の数十年間の内戦が終わった後に設立されたカンボジア地雷行動センターを訪問し、このように語りました。 このセンターは、田舎のあちこちに散らばっている約400万〜600万の地雷と他の爆発しない弾薬を処理しようとします。

彼女は「国内で地雷除去を着実に進めてきたカンボジアは今や世界地雷除去活動の先頭走者」とし、日本が内戦以後、カンボジアの地雷除去に着実に協力してきたと付け加えた。

カンボジア地雷除去隊は世界で最も経験豊富な人々の1つであり、過去10年間、数千人が国連のスポンサーとしてアフリカと中東で働くために派遣されました。 カンボジアは2022年にウクライナで地雷除去隊を訓練し始めました。

彼女は、「日本のカンボジア地雷イニシアチブによる具体的な協力により、日本はウクライナの人道的地雷活動に対する全面的な支援を提供する」と述べた。 「来週、我々はウクライナに大規模な地雷除去機を提供し、来月はカンボジアでウクライナの人員に機械を操作する方法を教育します。」

NGO Landmine Monitorは、2022年の報告書でカンボジアとウクライナを「大規模な」地雷汚染のある9カ国にリストしました。

カンボジアで戦闘が終わった後、約2万人が死亡し、約4万5千人が残った戦争爆発物により負傷したが、年間平均死亡者数は数千人から100人未満に減少しました。

非常に活発な地雷除去プログラムにもかかわらず、多くの危険な武器がまだ残っており、村の住民に危険をもたらしています。

カンボジアがポーランドとカンボジアでウクライナの地雷除去エージェントを訓練したのは、元首相フンセンがモスクワのウクライナ侵攻を非難した後でした。 彼はいつもロシアと中国と同盟を結んできた国としては異例の歩みで、「カンボジアは他の国を侵略するすべての国に常に反対する」と話した。

カンボジアは、ロシアの侵略を非難する決議の中で共同発議した約100の国連加盟国の1つでした。

米国やドイツを含む他のいくつかの国々はすでにウクライナに地雷除去支援を提供しています。

上川はまた、カンボジア首相フンマネットと昨年38年間執権した後、退いた彼の父フンセンと会談を行いました。

上川は次にフィリピンに行き、彼女と日本の防衛長官みのる木原が月曜日にフィリピンの対応者と会談をする予定です。 彼らは、各国が相手国の領土に軍隊を配置できるようにする相互防衛協定に署名することについて議論する予定です。

READ  Japan Photo Journal: 鹿児島県に初夏の到来を知らせるケシの花。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours