スポーツ

日本、クイーンシリケットカップ優勝、干ばつ終了

日本選手たちが金曜日シンガポールで開かれたクイーンシリケットカップトロフィーを持ってポーズを取っている。

SINGAPORE:日本は昨日、Laguna National Golf and Country Clubで開かれたニュージーランドに対して7打の圧倒的な勝利を収め、観客席決勝に上がり、Queen Sirikit Cupで20年間のタイトルを獲得しました。

日本がクイーンシリケットカップを持ち上げたのは、2002年に宮里愛、古屋恭子、上原綾子からなるチームがマレーシアで優勝した時でした。

20年後、現女性アマチュアアジア太平洋チャンピオンシップ(WAAP)チャンピオンであるHashimotoが率いるチームは、合計20アンダー波を記録し、勝利を収めました。

キーウィスは総合13アンダー派で2位を、韓国は10アンダー派で3位、シンガポールは4位にとどまった。

台湾は5位、タイは6位を記録しました。

最終ラウンドで1オーバー波73打に復帰したが、橋本は以前ラウンド279打70打、64打、72打に続き個人順位1位を記録した。

19歳の彼女は、Queen Sirikit Cupで彼女の国を再び勝利に導いた有名な同胞の足跡をたどることができて、もっと嬉しかったです。

橋本は「今回の優勝は20年ぶりにクイーンシリキットカップで再び優勝したほど非常に特別だ。超現実的な感じだ。とても嬉しい」と話した。

「女子素人アジア太平洋選手権大会で優勝した後、私への期待が多く、その圧迫をうまく打ち、シンガポールで良い成績を収めることができて嬉しいです」

シンガポールのShannon Tanは72打で個展でHashimoto(280打)に1打差で2位に上がりました。 日本ミク(283打)は3位でした。

ニュージーランドのフィオナ・シュ(Fiona Xu)は今回の大会でデビュー戦を肯定的に仕上げることができて嬉しいと語った。 個人ランキング287位に共同10位を記録した。

「今週は良い試合を繰り広げたと感じました。良かったかもしれませんが、全体的に満足しています」とXuは言いました。

Rubrong Pimpisaは、合計288のシューティングゲームで12位を獲得したタイのトップ選手でした。

公式には、アマチュア女性アジア太平洋インビテーショナルゴルフチームチャンピオンシップとして知られるクイーンシリキットカップは、1979年にタイで始まりました。

彼女の陛下Sirikit女王女王は、彼女の名前にちなんでトロフィーの名前を作ることができるように喜んでいただきました。

READ  日本のシュガー、バイデンと中国を中心交渉のために米国に向かう

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close