トップニュース

日本、クワッド首脳会談の準備にスピードを上げる

日本政府は日本、米国、オーストラリア、インドで構成されたクワッドフレームワークの首脳会談準備にスピードを上げるという計画だ。

これは、ジョーバイデン米大統領が月曜日のオンライン首脳会談でナレンドラ・モディインド首相に5月24日頃、日本でインドの指導者に会うことを楽しみにしていると述べたことによるものです。

政府は第4回会談のほかにも岸田文夫首相とバイデン全副大統領間の一対一会談を望んでいる。

当局者はまた、大統領と北朝鮮によって拉致された日本人家族との出会いが具体化されることを希望しています。

これとは別に低信者アダン(Jacinda Ardern)ニュージーランド首相とオラフショルツ(Olaf Scholz)ドイツ首相が今月日本を訪問して岸田と会談をするための準備が進行中だ。

岸田さんは4月末から休暇中に東南アジアとヨーロッパを訪れることができます。

可能な目的地は、今年G20とアジア太平洋経済協力フォーラムの議長であるインドネシアとタイです。

Kishidaはロシアのウクライナ侵攻に対する国際的な団結を再確認し、自由で開かれたインド太平洋を実現するための協力を求めます。

READ  ホンダジャパン、2022年大阪発売を控えてホーク11写真2枚追加投稿

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close