日本、グローバルワクチン共有の取り組みに5億ドルを約束

Estimated read time 1 min read

岸田文夫首相は、金曜日の世界ワクチン接種率を高めるための基金を確保するために開かれた首脳会談で、日本がコロナ19ワクチンへの平等なアクセスを確保するため、国連が後援する努力に最大5億ドル(約621億円)を寄付すると言った。

この金額は、低所得国がタイトなグローバル供給とファンデミックが持続する中で服用量を確保するために苦労している中で、日本がすでにCOVAXワクチン共有プログラムに提供した10億ドルに追加されたものです。

岸田氏は、COVAX首脳会談でワクチンが感染症と戦う強力なツールだが、アクセスの面で国家間にギャップが残っていると述べた。

岸田首相は映像メッセージで「このファンデミックを真に克服する鍵は、世界中のすべての国と地域でワクチンへの公平なアクセスを保証し、誰も健康を遅らせないようにすることだ」と話した。

ワクチン中心の国際機関であるGaviが、ドイツ、インドネシア、セネガルと共同主催したこの集会は、世界中でより多くの人々にワクチンを接種するための追加基金として、少なくとも52億ドルを集めるための努力の一環で行われました。

米国は3月初めにこのイニシアチブに最も多くの資金を支援し、ドイツと日本がその後に続いています。

世界保健機関(WHO)は、2022年半ばまで世界人口の約70%が予防接種を受けるようにすることを目指している。

これまで、日本は直接またはCOVAXプログラムを通じて約4,300万ドーズを寄付しました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  アバディーン大学技術を用いた最初の火星水試み 日本ミッション再発時
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours