スポーツ

日本、コロナ19で初パラリンピック参加者入院 – 教徒

2020東京パラリンピックが正式に開かれた東京の有明夢の大橋からコロナウイルス感染症(COVID-19)感染症の中で保護マスクをかぶった男が2番目のパラリンピック炎釜の前に立っている。 、日本、2021年8月25日。 REUTERS /金ギョンフン

東京、8月26日(ロイター) – 日本のパラリンピックに参加した外国人選手がコロナ19の重症度ではなく、症状に入院したと共同通信が26日、オリンピック組織委を引用して報道した。

火曜日に開幕した2020東京パラリンピックの最初の入院です。

COVID-19患者を治療する日本の病院は、一般的に重篤な症状を示す人のためにベッドを予約しました。

政府と東京都は、月曜日の首都の病院にCOVID-19患者の多くに対応するように呼びかけました。

コロナウイルスの患者の10%未満が東京で入院しており、低入院レベルは、政府のCOVID-19対応の大衆の不満を加え菅義偉首相の有権者の支持を弱めるました。

(ヘッドラインと主要段落で「選手」ではなく「参加者」に変更)

ギムチャンランとAntoni Slodkowskiの報告; Clarence Fernandez&Simon Cameron-Moore編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のリーダーとしての欲求不満、ウイルスにもかかわらず、オリンピック推進| スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close