日本、コロナ19スターストライカーなしでミャンマーに対して女性アジアカップタイトル防衛開始サッカーニュース

Estimated read time 1 min read
プネー:レベルの高い選手が多いので、2回のディフェンディングチャンピオンの日本は、金曜日に開催されるAFC女子アジアカップでミャンマーに対してキャンペーンを開始したときにすべてのポイントを狙います。
アジアの13位のチームは、COVID-19感染のためにスターストライカーのマナ・イワブチを見逃しているが、彼らは他の優秀な選手の多くを持っており、Shiv Chhatrapatiで開催されたCグループの行進で世界47位のミャンマーに対して大きな困難を経験しないです。 総合運動場。
2011年のFIFAワールドカップ準優勝チームは、イワブチと経験豊富な主張であり、バイエルン・ミュンヘンのディフェンダーであるSaki Kumagaiを含む、ヨーロッパで最高のプロリーグでトレードをしている6人の選手で構成されています。
しかし、Iwabuchiは、火曜日のインドに到着したときにCOVID-19に正の反応を示した後、金曜日の試合とその後のいくつかの試合にコロンとなります。 アーセナルのストライカーはイギリスとは別にインドに到着しました。
タイトル防御のためには、ミャンマーではなく日本が負担だろうが、「なでしこ」監督の池田双子は自分の目標を達成する自信がある。
池田は木曜日の試合前の記者会見で「私たちはディフェンディングチャンピオンだが新しい挑戦であり、最善を尽くすだろう」と話した。
「スタジアムで選手が自信を持てるように準備したい。
池田は東京オリンピックの後、朝倉阿弥を交代し、アジアカップはナデシコとの初公式トーナメントになるが、以前はU-17とU-20のチームを率いた彼の女性代表チームには見慣れない。
日本は2010年大会でミャンマーと8-0で勝利したが、池田は東南アジアを相手に機会を逃していない。
「ミャンマーはアジアで成長しているチームの一つだと思います。
ミャンマーの準備はCOVID-19感染症によって損傷し、旅行や試合ができなくなりました。
「私たちは国際親善試合や海外競技ができず、コロナのため旅行もできなかった。過去2カ月間、U-13、U-14チームと競技をして競技を行った。」とTin Myint Aung監督が語った。
「日本はレベルの高いチームであり、優秀な選手を持っています。私たちは彼らを分析し、それに応じて準備しました。 」
同じ場所で開かれたもう一つのC組競技では、タイトル干ばつを終えようとする韓国がベトナムと開幕戦を行う。
韓国は1991年からトーナメントのすべての大会に出場できる資格を得ており、2003年には3位を占めたのが最高の成果でした。
ベトナムでは、1999年からすべての決勝戦に進出したこのトーナメントの定番でもあるチームと競技をすることになります。

READ  David Lauson Perkins - 投稿掲示板
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours