トップニュース

日本、コロナ19拡散に週4日勤務アジア| 大陸全域のニュースの深い表示| DW

日本人スタッフはオフィスの同僚が不便かと思って心配するほど長い時間を机の上に置いて、年中休暇を過ごすことで有名です。 しかし、社会の中で明らかになった変化は、コロナウイルス感染症が原因で悪化しました。

日本の議会の議員たちは、水曜日執権自由民主党議員の邦子イノ拘置が、労働者が伝統的な5営業日ではなく週4日勤務を選択できるようにする提案について議論を始めました。 – 金曜日パターン。

少数の日本企業が既に柔軟勤務システムを導入したがCOVID-19による企業環境の変化により、問題についての議論が加速しました。

そして初期の兆候は、労働者と企業の支援を受けることになります。

大阪阪南大学経営の教授である輝夫桜田はDWに「企業の可能性になるより必須と言いたい」と語った。

圧迫を受ける経済

彼は「日本の経済システムは、伝染病によってさらに深刻化した巨大な圧力を受けています。私たちは、それが十分に回復力があり、将来の企業のニーズを満たすことができるように変更する必要があります」と言いました。

最近の数十年の間に、日本は製造業に基づく経済からサービス部門と金融サービスにより依存する経済に転換しました。 その傾向は、米国の人口が現在の1億2,650万人から世紀末までに8,300万人まで減少を続けにつれてなります。

「このような変化は、日本が、将来的にはるかに効率的でなければならないということを意味し、我々は人々の労働条件とそれらを楽しむことができる余暇の量を改善する方法を見つける必要があります。」とSakuradaは付け加えました。

最もすぐに桜田は過労による日本人の死問題」横詩」を終息させるために何百万人の日本人が職場環境を変化させることを望んでいる。

2016年に政府の研究によると、日本の労働者5人のうち1人はカー時の危険にさらされており、ほぼ4分の1が、従業員が毎月80時間以上勤務したり、残業を要求する場合が多かったです。 その結果、毎年数百人もの人々が心臓発作、脳卒中、または過労による他の医学的問題で死んでおり、自殺にさらに没頭しました。

過労1ヶ月に100時間に制限して、ルールに違反した会社に罰金を課す新しい法律が2019年4月に発効しました。 批評家は、法の抜け穴があると指摘するが、桜田は勤務週間短縮が終結に役立つことを願っています。

カー時の危機

「この法律は、より多くの人々がより少ない時間で働いてストレスの少ない受信できるようにしてくれるものであり、これは結果的にカー時の可能性を減少させることです。」とSakuradaはなお新たな雇用機会を創出することを付け加えました。

Inoguchiは伝染病が、日本が「柔軟な作業環境と作業スタイルを作成することができる潜在能力を持っていること」を示したと言いました。 議員は、労働者が週末3日を選択できるようにすると、子供や年老いた親戚と一緒に時間を費やして、教育の機会を探して、他のビジネスの可能性を検討し、消費を通じ、国家経済に貢献することができ、より多くの機会を得ることができると指摘しました。 。

また、より多くの子供を持つことを望んでいるが、子供を育てる時間がないことを恐れている夫婦は心を変え、より大きな家族を持つ可能性があります。 それは順番に、人口減少の問題を戻すのに役立ちています。

確認された主な欠点は、必然的に、週に一日ずつ働くと関連する低賃金です。 しかし、これは、すでに週4日勤務のオプションを導入した企業で、完全な取引を壊さんでした。

マイクロソフトジャパンとみずほフィナンシャルグループは、すべての従業員が一週間を休みを選ぶことができる計画を導入し、ユニクロの衣料品店チェーンの背後にある会社であるファーストリテイリングは、最初に従業員に4日週のオプションを提供した。 2015。

同社の広報担当Pei-chi Tungは「私たちは、一次的に優秀な人材を維持することを望んでいたので、従業員の作業環境を改善するために設計された様々な変化を導入しました。」と言いました。

「労働者に優しい環境」

「私たちは、Uniqloを労働者に優しい環境にする必要がありということを知っていました。従業員に4日勤務した後、毎週長い週末を過ごすことができるオプションを提供することも、その一部であった。」とDWに言いました。

ほとんどの人はまだ伝統的な週5日勤務を好むが、このシステムは、非常に人気があるとTungは言った。 しかし、彼らは突然家族が病気になったり、より多くの休暇が必要な他の理由があることを突然発見すればいいのオプションであることに同意する彼女は付け加えた。

Inoguchiの提案は、政府が勤務週数の短縮を導入した企業の初期段階での財政支援を拡大することを見ることができます。

しかし、システムを広く受け入れるために最大の障害は、日本を、今日の経済大国にするのに長い時間を投資した高齢の伝統的思考を持つ管理者レベルの従業員からでしょう。 彼らは会社と国の同じコミットメントを見ていない新世代の労働者に眉をひそめることです。

READ  井上直哉ファイトマネー1億円 - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close