経済

日本、コロナ19拡散の懸念で経済成長回復

TOKYO – レストランがいっぱいです。 ショッピングモールが並んでいます。 人々は旅行中です。 そして2年以上のファンデミックで疲れた消費者がコロナウイルス感染を裕福な国の中で最も低い水準に維持する予防措置から遠ざかり、日本経済が再び成長し始めました。

中国の封じ込め、高騰インフレ、残酷なほど高いエネルギー価格は、商品とサービスの国内消費が今年2回目の3ヶ月間急増し、日本の経済拡大を抑制することができませんでした。 米国と中国に続き3番目に大きな経済規模を誇るこの国の経済は、その期間中年間2.2%の成長率を記録したと政府データが月曜日明らかにした。

第2四半期の結果は、消費者がオミクロン亜種の急速な拡散に直面して家に帰ったとき、最初の3ヶ月間の1%減少から修正された0%の成長につながりました。

最初のオミクロン波が燃えた後、買い物客と国内旅行者が再び通りに注がれました。 バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)の日本経済学責任者である泉デバリエ(Izumi Devalier)は、事例数が急速に日本の最高記録に戻ったが、今回は予防接種を多く受けており、自制に疲れた大衆があまり恐れていないと述べた。

「オミクロンの波が終わった後、私たちは非常に機動性が高く、レストランや旅行などのカテゴリで多くの支出に追いつきました」と彼女は言いました。

新しい成長報告書は、日本経済が成長と収縮の間で2年以上のヨーヨーを経験した後、最終的に正常軌道に戻ることができることを示しています。 しかし、依然として他の裕福な国々と比較して経済的に遅れていると、Devalier氏は言った。 消費者、特に高齢者は依然として「Covidリスクに敏感です」と付け加えました。

その感度が時間の経過とともにゆっくりと減少するにつれて、彼女は「私たちはコロナウイルスから非常に漸進的な回復と正常化を経験しました」と述べました。

第2四半期の成長は、特に日本の中小企業の逆風にもかかわらず行われました。

中国のコロナ19収容措置により、小売業者はエアコンなどのオンデマンド製品の在庫を確保し、製造業者は製品に必要ないくつかの重要な部品を調達することが困難になりました。

円安と高インフレも企業に負担をかけています。 過去1年間、日本の通貨は20%以上のドルに対する価値を下げました。 これは外国の顧客にとって製品が安くなった輸出業者にとっては良いことであり、対流行為とロシアのウクライナ戦争による不足やサプライチェーンの崩壊により、すでに高価な輸入品価格を上昇させた。

日本のインフレ(6月の約2%)はまだ他の多くの国よりはるかに低いですが、一部の企業は数年で初めて価格を大幅に引き上げなければなりませんでした。の需要を弱めました。 年後。

月曜日のデータによると、通常の経済活動への漸進的な復帰は、民間投資の強力な成長をもたらしました。

大和研究所の経済学者である若葉小林氏は、この成長は、部分的に企業の持続可能性とデジタルインフラを改善するための支出によって主導され、政府政策によって強く推進された努力であると述べた。 。

しかし、成長がいつまで続くことができるかは不確実だ」と話した。 多くの企業の間で「世界経済が鈍化し続けるという感じがある」と彼女は言った。 米国、中国、ヨーロッパの経済は、ウクライナの戦争、インフレ、伝染病のために、最近数ヶ月間予想よりも急速に鈍化しています。

日本は国内外で別の課題に直面しています。 特に中小企業はファンデミック補助金が終了し、企業への流動人口がファンデミック水準以下に維持され、困難を経験する可能性が高いです。

また、地政学的緊張により、日本の主要産業に対する不確実性が高まっている。 今月、ナンシー・フェローシ議長の台湾訪問をめぐる米国と中国の間の摩擦は、貿易の支障の可能性に関する日本の政策立案者の懸念を呼び起こした。 台湾は日本の4番目に大きな貿易相手国であり、日本の大型自動車および電子産業に不可欠な半導体の主要生産国です。

日本の全体的な経済見通しについて、Devalierは「短期的には勢いはかなり良いですが、それ以上は実際には非常に慎重です」と述べた。

彼女は、家庭で人々が伝染病と一緒に暮らす新たな頂上と薄暗い支出への情熱に適応するにつれて、消費が鈍化すると予想しています。 長年にわたって停滞した賃金の上昇率がインフレに遅れているため、支出に影響を与える可能性が高くなります。 彼女は「製造業と輸出の場合、グローバル成長がより弱いと予想するという事実を反映して、勢いの鈍化が予想される」と話した。

三菱UFJの上級エコノミストである小一郎小林は、いくつかの肯定的な兆候にもかかわらず、日本の経済活動が正常化するまでにはまだ時間がかかると述べた。

経済は大流行直前の規模にほぼ回復した。 しかし、当時も日本の消費税引き上げで支出が減り、弱まった状態でした。

小林氏はインフレと継続的な大流行に言及し、「依然として懸念する理由は十分だ」と述べた。 「状況がそれほど悪くないため、成長が停滞しているのがわかりますが、状況がうまくいくとは言えません」

READ  人気のパブチェーンは伝染病のために、東京の位置の20%を閉鎖します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close