トップニュース

日本、コロナ19流行が持続され、イラクでWFPの食糧支援サポート [EN/AR/KU] – イラク

BAGHDAD – 国連世界食糧計画(WFP)は、月間食糧支援に5ヶ月の間にキャンプでほぼ40,000人の国内避難民を支援するために、日本政府から米640万ドルの寄付を受けました。 10ヶ月間。

日本の貢献は、イラクの難民家族と都市生活回復力の構築プロジェクトを支援しており、COVID-19危機の間に脆弱な人々が職場に復帰するようにサポートします。

「日本は2014年からのイラク危機の影響を受けた人々に人道支援に5億ドル以上を提供しています。また、日本では、今年WFPのこのプロジェクトを含む5万ドルに達するイラク新しいサポートパッケージを提供することを決定しました。 ” イラク駐在日本大使鈴木光太郎。 「私は都市生活の取り組みを通じ、国内避難民と脆弱な人々を助けるためのWFPの持続的かつ不断の努力を賞賛します。 政府と日本国民は、このプロジェクトが特にCOVID-19の深刻な影響で、国内避難民と脆弱な人々の痛みを緩和し、平和と明るい未来のための道をヨルギルください。 “

日本は、イラクでの開発プロジェクトと一緒にWFPの命を救う人道活動に貢献した最初の寄付者のいずれかであり、キャンプから家に帰ってきて、家族が生活を再建するように支援します。 今、日本とWFPはCOVID-19流行に対応して導入された都市生活の取り組みを支援することにより、流行により、毎週、または季節雇用に依存する労働者の所得の損失を軽減し、これをサポートすることができます。 即時の食品の必要性を満たしています。

イラクAbdirahman MeygagのWFP代表は「日本の寛大なサポートはWFPの人道的支援に依存している収容所の家族や近所の人から、そのような開発プロジェクトが必要な都市部の脆弱家を維持するために役立っています。 「都市生活の取り組みは、数千人の参加者が収入を得て、必要な食料をカバーすることを意味します。 変化する環境で、イラクでのコロナ19事例が増加するにつれて、政府と日本国民の支援がイラクでの家族の生活の中に真の変化を起こしています。 “

昨年、全国の都市生活のプロジェクトは、ほぼ43,000人に臨時収入を提供し、植樹や公園清算、学校、保健センター、児童養護施設の掃除や改造、聴覚障害者、ミュート、障害者のためのセンターを介して、地域社会の環境をサポートして改善しました。 ブラインド、中央図書館、ロードや再描画する。 似たような計画が2021年に計画されています。

国連世界食糧計画は、2020年のノーベル平和賞受賞者です。 私たちは、緊急時に命を救い、食糧支援を使用して紛争、災害や気候変動の影響から回復する人々のための平和、安定及び繁栄の道を構築する世界最大の人道団体です。

Twitter @WFP_Iraq @wfp_mena @wfpgovtsでフォロー

詳細については、下記にお問い合わせください。
Sharon Rapose、WFP Erbil、+964780915 0962、[email protected]

READ  明日以降、英国で新規入国拒否に加藤官房長官 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close