経済

日本、サハリン2号ガスプロジェクト持分維持医師米国に通知

日本経済産業賞は、萩宇田光一(Hagiuda Koichi)日本経済産業賞がロシア極東地域のサハリン2号石油及び天然ガスプロジェクトの持分を維持するという日本の意思を米国に通知した。

萩宇田首相は金曜日、ワシントンで開かれた日本と米国外交及び経済首脳の初の「2+2」会談で日本の立場を伝えた。

会談後の記者とのインタビューで、Hagiudaは、2つの日本の貿易会社が主要な持分を持っているSakhalin-2プロジェクトが関係者が議論した主題の1つであると述べました。

彼は日本がプロジェクトから撤退しなければならないという要求を知っていると話した。 しかし、彼は撤退は日本の権利を第三者に譲渡することを意味し、結果としてロシアは莫大な利益を得ることになると述べた。

彼は米国の管理者に現状を維持するための日本の意図を説明したと述べた。 彼は米国側が日本の立場を理解していると信じていると付け加えた。

6月末、ウラジミール・プーチン大統領は、ロシアの国益と経済安全保障に対する脅威を理由に、このプロジェクトの現在の運営者を新しいロシア法人に置き換える法令に署名しました。

日本が以前のようにこの地域で天然ガスを引き続き調達できるかどうかは不確実だ。

ロシアはまだ日本企業がこのプロジェクトで持分を維持できる条件を提示していません。

READ  岸田文夫日本首相、経済ポピュリズムの試み

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close