トップニュース

日本、シーズン初の鳥インフルエンザ発生、143,000頭の屠殺

防護服を着た管理者が2020年11月8日の刑務所で撮影したこの写真から、日本西東川川で鳥インフルエンザの疑い事例を見るために家禽農場に向かっています。 必須クレジット Kyodo/via REUTERS

東京、11月10日(ロイター) – 日本北東部の家禽農場で「高病原性鳥インフルエンザ」の事例が確認され、日本が2021年冬シーズン初の鳥インフルエンザの発症を感知したと農務省が明らかにした。 水曜日に。

政府は秋田県横手市のある農場で約143,000匹の卵を産む鶏が退治しているとウェブサイトを通じて明らかにした。

日本は、発病後、全地域の鶏肉や卵輸出を一時的に中断したと外交部が明らかにした。

食薬処は「現在日本の状況で鶏や卵の摂取を通じて人に鳥インフルエンザが伝染する可能性はないと思う」と話した。

しかし今年、中国で鳥インフルエンザに感染する人々の数が増え、特に世界がCOVID-19大流行から徐々に回復し、疫学専門家の間で懸念の対象となっています。

中国は世界保健機構(WHO)に2021年、H5N6亜型鳥インフルエンザのヒト感染が21件報告されたと明らかにした。 もっと読む

鳥インフルエンザの発症は最近数日から数週間ヨーロッパで報告されており、ポーランドの農場では合計650,000匹の家禽が感染しています。 もっと読む

昨冬、日本は987万匹の鶏が屠殺され、日本県の3分の1以上が影響を受ける最悪の冬インフルエンザシーズンを農場で体験しました。 もっと読む

日本の農務省によると、日本には約1億8,100万頭の産卵系と1億4,000万頭の陸界がある。

Aaron Sheldrickの報告。 小林優香の更なる再編集、ジャックライン・ウォン、エメリア・シトール・マタリスの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の火山で火山灰噴出、人々は警告

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close