トップニュース

日本、ジェンダー「役割」に基づく旧式労働制度改革の注目





岸田文夫首相(中央)が2022年6月3日、東京自身の事務所で女性の経済的能力強化を促進するための政府パネル会議に出席します。 (刑務所)

東京(刑務所) — 日本政府は金曜日に日本の性別格差をほぼそのまま維持してきた旧式労働慣行、税金及び社会保障システムの改革を要求した。 男と女。

女性の経済的能力を強化するための政策青写真には、結婚が女性の生涯の間に経済的安定を保証するという根本的な信念が、より多くの女性が離婚し、以前より長生きを選択するにつれて「過去の仕事」と明示されています。

政府は300人以上の企業に対して男女賃金格差資料公開を義務化し、3年集中期間を設定して女性が必要なデジタル力量を習得して就職できるよう支援する計画だ。

また、働く女性のニーズをよりよく反映するために、既存の税金と社会保障システムを検討します。

日本は性平等保障で他国に遅れており、2021年3月に発表された世界経済フォーラム性別格差報告書で156カ国のうち120位を記録しました。 女性管理職や女性議員の割合が低いからです。

岸田文夫首相は、政府パネル会議で「女性の経済力強化を新たな資本主義形態の中心に置き、女性の給与を引き上げる措置を果敢に実施する」と述べた。

彼が「新しい形の資本主義」と呼ぶことから、祈るという成長と分配の好循環を保証したいと思います。 彼は、企業が労働者に補償し、内需を支援するためにより積極的に賃金を引き上げることを促している。

新しい政策の青写真は、数十年前に国の急速な経済成長を通じて社会システムを支援するのに役立つ古い考え方を変える必要があると言います。

専門家たちは、政府が長期的な政策ビジョンと財政支援を必要とするため、人々の考えや行動の仕方を変える面倒な課題に直面していると見ています。

男性の勤務環境改善も最優先課題で、政府は男性が子育て休職と在宅勤務をより容易にできるようにしなければならないと述べた。

日本は世界最速の高齢化社会の一つであり、労働力不足に直面しています。 多くの女性が時間制の仕事をする傾向がありますが、近年、より多くの女性が職場に入ってきました。

READ  ブラジル、日本、初のオミクロン事例報告

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close