日本、スイスの科学者たちが電流を生成するガラスを作りました。

Estimated read time 1 min read

日本とスイスの科学者が光にさらされると電流を生成するガラスを開発しました。 これは長期的にクリーンなエネルギー生産につながる可能性がある革新です。

東京工科大学とローザンヌ連邦工科大学の研究者らは、超短波パルスを放出するフェムト秒レーザーでガラス表面に回路をエッチングした後、ガラスに電流が発生することを確認しました。

彼らの発見は去る1月米国科学雑誌「フィジカルレビューアプライド(Physical Review Applied)」ホームページに掲載された。

スイスの学校の副教授であり、ガラテア研究所の所長であるYves Bellouardは、Kyodo Newsにこの技術が何も追加せずに材料を変形させることができるという点で「驚くほど革新的」と語った。

2024年2月スイスニューシャテルで撮影された写真は、エネルギー収穫装置にレーザーで刻まれた回路を備えたテルライトガラスのサンプルを示しています。 (刑務所)

レーザー技術の専門家によると、彼の研究室の学生であるGoezden Torunは、光ファイバーを作るために使用される工業用材料であるテルライトガラスを含む、さまざまな種類のガラスにフェムト秒レーザーを使用した事前経験がありました。 これは日本の研究室で製造されたテルライトガラスを使用した共同プロジェクトです。

以前は東北大学で勉強していたトルンは、研究中に偶然にガラスの上に半導体結晶を作りました。 表面にレーザーで刻まれた回路を持つテルライトガラスは、紫外線や可視光線に反応して電流を生成したと研究チームは述べた。

同研究所の岸月哲夫教授は「私たちはレーザーを使ってこの種の現象を見ることができるとは思わなかった」と述べた。

「ガラスは光を通過させる受動物質ですが、フェムト秒レーザーを使用すると、ガラスは半導体のように電流を流すことができる活性物質に変わります」とKishiは言います。

Kishi氏は、「私たちはガラスの形状を変え、組成を変えてより軽くて薄くすることができ、より便利で実用的になるだろう」と付け加えました。

課題は残っていますが、研究者たちはフェムト秒レーザーに変換されたテルライトガラスで部分的に覆われた窓が開発できる日が来ることを願っています。

Bellouard氏は、「これはクリーンエネルギーの源となり、化石燃料の必要性を減らすだろう」と述べた。

READ  希望? この冬南半球のインフルエンザにかかる人がびっくりするほど少なかったが明らかに| ハーフポスト
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours