スポーツ

日本、スケートボード金メダル2個を追加獲得、要素ズミサクラ、金

日本のスケートボーダーが有明アーバンスポーツパークで熱狂しています。

日本の要素ズミさくら(19)が女性公園大会で銀メダルリストヒラキココや(12)を抜いて金メダルを首にかけた。

日本でイギリス人の父と日本人の母の間に生まれた英国代表として選抜されたスカイブラウンは銅メダルを取った。

公園イベントは先週の距離大会に続いて2020年、東京オリンピックでデビューし、日本の10代の若者が支配する別のスポーツにあることが判明しました。

女性決勝に進出した上位4人の選手のうち3人は、日本の選手でありオカマトミス区(15)が1位、ヒラキが3位、要素ズミカ4位を獲得した。 ブラウンは2位を占めています。

各プレーヤーは、ボールの3回の試行をしており、一度の最高記録が最終的なスコアで計算された。

公園大会は有明町スポーツ公園の大型専用ボールで行われます。 公式気温は摂氏33度を記録したが、湿度を考慮すると、摂氏41度に近く感じられた。

日本のココやヒラキが有明町スポーツ公園で行われた女子公園試合予選で試合を行っている。 | ロイター
英国のスカイ・ブラウン(Sky Brown)が有明町スポーツ公園で行われた女子公園競技予選に出場しています。  | ロイター
英国のスカイ・ブラウン(Sky Brown)が有明町スポーツ公園で行われた女子公園競技予選に出場しています。 | ロイター

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  尋常でない和田のしぶとすると痛みロッテ/上原浩治 - 評論家コラム - 野球コラム:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close