経済

日本、スービック鉄人3種の試合に莫大な賭けをする

日本は日曜日、スービック湾経済自由区域で開催された全国選手権大会を除き、日本で最も長く続く鉄人3種競技である第29回大会でカンチームを投入し、NTTアジアカップスービック国際鉄人3種競技(SUBIT)を支配という目標を知らせました。

アジア3位、世界56位サトレンがエリート男子部門シード1位に上がり、宮崎津都(宮崎津都)がアジア4位、世界59位に上がった。

女子エリート部門では初代ユースオリンピック金メダリストであり、2016リオオリンピック15位の佐藤優香(大陸ランキング10位、世界ランキング90位)が1位、宮崎津都(大陸ランキング14位、世界ランキング145位)が助演。

男性人気ランキングトップ5位はアゼルバイジャンの2016リオベテランRostislav Pevtsov(大陸ランキング47位、世界ランキング76位)、Uchidaゲンタ(大陸ランキング8位、世界ランキング97位)、最後の2019 SUBITチャンピオンの香港。 2020東京オリンピックで大陸ランキング33位、世界ランキング120位。

女子部ポディウム決勝戦候補はオーストラリアのJessica Ewart-mactigue(大陸ランキング16位、世界ランキング153位)です。

日本のエリート男たちはSUBIT 2017で韓国がスイープを防いで1、2、5位をしました。 2015年の日本選手たちは1勝2敗だった。

また、中国 – 台北、インド、シンガポール、スロバキア、フィリピンの有望株が大陸と世界ランキングのスコアを獲得するSUBITで行動を見ています。

中国人、特に最後の2回のSUBIT版で連続女優チャンピオンだったMengying Zhongは、著しく欠席した。

第31回ハノイ東南アジアゲームへの国のベット – Kim Mangrobang、Raven Faith Alcoseba、Lauren Plaza、Andrew Kim Remolino、Fernando Casares、John Chicano – バナーチームフィリピン。

READ  バングラデシュ、日本と三菱の工場実現可能性調査のMOU締結

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close