トップニュース

日本、ソフトボール金ゲームで米国を抜いて

日本、横浜 – 13年の待った末、当然の決定が下されました。 世界のソフトボール強国が火曜日金を置いて対決して三人の投手の伝説が手に握られたゲームです。

このスポーツとチームがこの場所にあった最後の時間は、2008年でした。 日本とその時代を超越したエースYukiko Uenoは、以前に無敵だった米国とそのスター投手のCat OstermanとMonica Abbottを気絶させました。 以後ソフトボールは永久オリンピックプログラムから除外された。 長いブランクの末、今年戻ってきたが、全く同じ姿に戻った。

ついにその残酷な敗北に復讐の機会が与えられたとき、アメリカは同じ不満を多く発見した。 横浜球場で2位、日本が1位、米国を2-0で下した。 第三のオリンピックであり、この段階で三スターの最後の出会いのためのサークルで、39歳の上野は6イニングを無失点で投げ競争を再び苦しめた。

上野は試合後、通訳を介して「13年前のように決勝で対戦した」と述べた。

2008年に戻ってみると、上野と日本は、米国が4連続金メダルを獲得することを防ぎました。 したがって、東京オリンピックのためにソフトボールが復帰し、同じ文字の一部も復帰し、両国が再び会って、オリンピックの金メダルを置いて第三の対決を繰り広げることには疑いの余地がありませんでした。

再び米国の場合オリンピック大会では、チームの唯一の敗北は、最も高いポットがかかったゲームでした。 最近上野は26歳よりも権力にあまり依存がエースは適応して繁栄して、相手を失望させ感心をかもし出しています。

「彼女の最も素晴らしい点は、彼女が絶えず自分を再創造して、さまざまな方法で打者を攻撃するということです。」とAbbottが試合後言いました。 「いくつかの面では、彼女がソフトボールの神と言えます。 仕事が常に彼女の意のままに行われるからです。 彼女は確かにスポーツの伝説であり、アイコンです。 “

試合は、2004年のアテネ五輪を含めて数十年の間に、お互いを向き合っ二投手の決闘で開始された:月曜日ラウンドロビンプレイ決勝戦で日本が米国に1-2で敗れている間休息を取った上野。 は、今回の大会ではほぼ13イニング無失点に入ったOsterman。

しかし、Ostermanは火曜日に1回と2回に安打を投げ鋭く見えていない。 3回裏渥美マナの四球を選んで出そうアメリカのケン・エリクソン監督が、日本戦で活躍したアリー・カー異なる投入した。

その動きは、逆効果を出した。 今大会の日本最高の打者藤田大和はカルボン異なる抜い犠牲バントで二塁進塁した後、グラウンドアウトで3塁に進出した。 アーツ米チョッパで1点シュートを投げる藤田が得点して、日本が1-0で先に行った。

日本はAbbottがCardaの救いに入った後、出てきたFujitaの得点シングルで5回に倍増リードしました。 Uenoが投球する方法を考慮すると、2つの得点が十分であると感じたゲームを終了するには、少しの助けが必要でした。

上野が6回までヒットを出しながら6回をリードした後、20歳の新鋭だった後藤美羽が安藤に入ってきたし、すべてのトーナメントでゴール困難を経験し勝利を収めた米国の脅威をなくすために偶然塗炭を使用した。 前の5試合で2失点以下。

1、2位のランナーがされたAmanda Chidesterは、日本の3塁手Yu Yamamotoにボールをライニングしました。 山本の左手首からスローた遊撃手アーツ押すすぐにボールを二番目に渡さダブルプレーを完成した。 彼女の口を大きく開けたChidesterは信じられないという表情で見つめています。

「私はそのようなことが起こることを見たことがありません。」とOstermanは試合後言いました。 Abbottは次のように付け加えました。 そうなれば、タイを作成したり、上がることができる」と述べた。

代わりに、日本は閉会会で上野にもう一度ボールを渡した。 決勝戦を確保した後、彼女は腕を上に振り上げチームメンバーに襲わをされました。 彼らは後に日本のコーチReika Utsugiを空中に持ち上げた。

Osterman(38歳)とAbbott(35歳)は、オリンピック出場が最後でした。 ソフトボールは2024年にパリのプログラムに含まれていません。は、二人とも2028年のロスアンジェルスのオリンピックに出場する計画はないと明らかにした。 ソフトボールが再開される予定の理由は、開催国である米国が国家的魅力があるスポーツを追加を提供することができるからです。

銀メダルを受けた後、OstermanとAbbottは、オリンピック関係者にソフトボールを永久スポーツに復元することをもう一度リクエストして不安定な状態が、将来の世代にどのように否定的な影響を及ぼしたのか説明しています。

上野は、オリンピックソフトボールのような希望を繰り返しました。 彼女は長年彼女が「非常に良い友人であり、良い相手」と呼んだOstermanとAbbottの敬意を表明しました。

しかし、自分の将来の面で上野は2028年のオリンピックに専念していないことです。 しかし、彼女は、彼女はすぐにどこにでも行くようではなかった。

彼女は「今日投球ながらどのように投球を楽しむかに気づいた。 「だから、私は可能な限り投球を続けたい。」

この日の午前、カナダはメキシコを3-2で破り、オリンピックソフトボール初のメダルである銅メダルを獲得した。

READ  日本は再生可能エネルギーを高めるために、地域間の電力網を二倍に増やすことを検討します

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close