経済

日本、テロとの戦争のために行くサポート

より多くの人々と共有してください!

日本は、国連開発プログラム(UNDP)と協力して、ガーナと彼女の隣接西アフリカ地域でテロと戦うプロジェクトを実装しています。

UNDPAとKofi International Peacekeeping Training Centreは、「西アフリカ海岸州でテロと暴力的過激主義を予防し、対応するための国家と市民社会アクターの対応力の強化」プロジェクトを実施しています。

このプロジェクトの受益者は、ガーナ、ベナン、トーゴ、コートジボワールとブルキナファソの国と地域の安全保障と民間要員です。

このプロジェクトは、西アフリカの平和と安全保障を改善し、テロ対策や暴力的過激主義の戦略に対する理解を深め、西アフリカのサブ地域のテロリズムと暴力的過激主義の予防と管理能力を向上させることを目指しました。

プロジェクト活動は、フランス語に翻訳することができるプロセスを開発するためのワークショップ組織、特に5カ国25人の参加者を対象にした、西アフリカ沿岸地域のテロと暴力的過激主義の予防及び対応に関する2週間のコースが含まれます。

ガーナ駐在日本大使であるTsutomu Himenoはテロリズムと暴力的過激主義が特にサヘル地域でアフリカで継続勢いを得ているので、日本がプロジェクトを支援したました。

彼は民間人と軍隊の武装勢力と過激派の無差別的な攻撃が懸念の対象とされており、2017年3月にイスラムとイスラム教徒支援団体やJama’at Nusrat ul-Islam wal-Muslimeenの形成がダイナミクスを変化させたました。 サヘルで暴力的な過激主義の。

大使は平和がなければ、開発がすべてのアフリカの指導者にどのような形のテロと攻撃に対処するための措置をとることができないと言いました。

UNDP常駐代表的なAngela Lusigi博士は、これらの攻撃のほとんどが貧困と失業の結果と言って当局に状況を解決するための措置をとるよう要請しました。

彼女はUNDPがこの問題を解決するために、すでにガーナ参加させ、指導者に西アフリカテロの脅威を抑制するために積極的なアプローチを促しました。

KAIPC司令官であるフランシスオポリ准将は2020年1月1日から10月16日までの地域、特にブルキナファソ、マリ、ニジェール、ナイジェリアで2,201人の死亡を招いた570件のテロ事件が発生したと発表した。

彼はブルキナファソ、コートジボワールとベナンの国境に沿って攻撃のために、2020年に、いくつかの死傷者が発生したと発表した。

詠唱。 Ofori将軍は、このプロジェクトを実行するための中心の公約を誓いし、食料安全保障に影響を与える違法な非規制漁業問題を解決するために当局に促しました。

出典:GNA

より多くの人々と共有してください!

READ  経済回復貿易アジア株式、商品利得| ロイター| 事業

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close